スポーツ

夏の甲子園「伝説の激戦」“1973年《千葉・銚子商VS栃木作新学院》”

20150813c1st

1973年(第55回大会・2回戦)

銚子商(千葉)1-0 作新学院(栃木)=延長12回

 この年の春、天地真理の「虹をわたって」の大会行進曲で、さっそうと甲子園にその姿を現した作新学院の「怪物」江川卓。選抜の開幕試合で北陽から19三振を奪い、準々決勝の今治西戦では20三振を奪っている。準決勝で広島商の奇策に敗れるものの、通算65奪三振を記録し、まさに、「虹をわたって」とんでもないすごい投手がやって来たという印象を与えた。

 そして迎えた夏。江川は栃木大会で3度のノーヒットノーランを達成していた。

 1回戦では柳川商(福岡)が外野手を内野に呼び寄せてのバントシフトやプッシュ打法などで抵抗。打線も湿ったまま、試合は延長15回までもつれ、かろうじて振り切った。

 2回戦は2年生の土屋正勝を擁する銚子商との関東勢対決。江川と土屋という本格派投手同士の投げ合いは0対0のまま、またしても延長に突入していく。途中からは雨も降りだして、コンディションは悪くなる一方だったが、試合は白熱の投手戦となった。

 どちらかというと、江川は突出しすぎていてチームでは浮いた存在になっていた。それが最後は降りしきる雨の中、1死満塁のピンチで作新ナインは江川のいるマウンドに集まり、江川も「どうしようか」と仲間に相談をする。そして「いちばん得意な球でいけ」という声に後押され、直球で勝負した。だが雨で滑って指にかかり切らず、高めに外れてサヨナラ押し出し四球。

 虹をわたって甲子園にやって来た怪物投手だったが、「虹の向こうは、晴れなのかしら」と歌詞のような結末にはならなかった。雨に散った怪物の最後の甲子園だった。しかし、怪物伝説だけは永遠に語り継がれていくはずである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
3
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
4
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声
5
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!