スポーツ

夏の甲子園「伝説の激戦」“1973年《千葉・銚子商VS栃木作新学院》”

20150813c1st

1973年(第55回大会・2回戦)

銚子商(千葉)1-0 作新学院(栃木)=延長12回

 この年の春、天地真理の「虹をわたって」の大会行進曲で、さっそうと甲子園にその姿を現した作新学院の「怪物」江川卓。選抜の開幕試合で北陽から19三振を奪い、準々決勝の今治西戦では20三振を奪っている。準決勝で広島商の奇策に敗れるものの、通算65奪三振を記録し、まさに、「虹をわたって」とんでもないすごい投手がやって来たという印象を与えた。

 そして迎えた夏。江川は栃木大会で3度のノーヒットノーランを達成していた。

 1回戦では柳川商(福岡)が外野手を内野に呼び寄せてのバントシフトやプッシュ打法などで抵抗。打線も湿ったまま、試合は延長15回までもつれ、かろうじて振り切った。

 2回戦は2年生の土屋正勝を擁する銚子商との関東勢対決。江川と土屋という本格派投手同士の投げ合いは0対0のまま、またしても延長に突入していく。途中からは雨も降りだして、コンディションは悪くなる一方だったが、試合は白熱の投手戦となった。

 どちらかというと、江川は突出しすぎていてチームでは浮いた存在になっていた。それが最後は降りしきる雨の中、1死満塁のピンチで作新ナインは江川のいるマウンドに集まり、江川も「どうしようか」と仲間に相談をする。そして「いちばん得意な球でいけ」という声に後押され、直球で勝負した。だが雨で滑って指にかかり切らず、高めに外れてサヨナラ押し出し四球。

 虹をわたって甲子園にやって来た怪物投手だったが、「虹の向こうは、晴れなのかしら」と歌詞のような結末にはならなかった。雨に散った怪物の最後の甲子園だった。しかし、怪物伝説だけは永遠に語り継がれていくはずである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ
5
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛