芸能

皆藤愛子 かつての清楚派が潜在能力開花中!

20150820j

 毎朝の天気予報とともに振りまかれる愛らしい笑顔がまぶしかった。しかし、あの清楚なお天気お姉さんの代名詞でもあった皆藤愛子(31)が、なんと清純派の仮面を脱ぎ捨てたのだ。彼女の変貌ぶりは男性諸君としては嬉しい限り。新・皆藤愛子の一部をお届けする!

「ただの変態じゃねーか!」

 あの皆藤が叫びながら、男性器を想像させる白く細長いかまぼこをくわえる南海キャンディーズ・山里亮太に強烈なビンタをお見舞いする。「めざましテレビ」(フジテレビ系)のお天気キャスターで人気を博した彼女が公共の電波で“公開SM”に臨むとは‥‥。

 衝撃シーンは7月27日に放送された「ミレニアムズ」(フジ系)内のコントで披露された。山里とマッサージ店でデートするカップルに扮した皆藤。施術着を着用しているが、ショートパンツからあらわになったムッチリとした太腿が頻繁に映る。

「さらにたまらないのは、しぐさです。顔の前で指をクロスさせたり、山里の肩に手を添えたりする。おまけに、得意の猫なで声で『私も山里さんとデートするのが夢でした』と男に劣情を催させる甘い言葉をささやくんです。これで落ちない男はいないでしょう」(テレビウオッチャー)

 友人と山里を落とせるか賭けていただけで、たぶらかしていたことが判明するオチなのだが、

「は? ゲームだよ、ゲーム」

 と態度を豹変させると、目つきも変わり、その姿はまるで女王様を彷彿とさせた。ここに皆藤の潜在性があると評するのは、アイドル評論家の小谷哲氏だ。

「あれはふだんどおりでしょう。ああいう不細工な男、いわゆるイケメンでもなければ権力も持っていないタレントに対しては自然と上下関係を示す性質を持っている。幼少時からのお嬢様教育のたまものですね」

 コントの場を借りて、魔性の素顔をかいま見せた瞬間だったというわけだ。

 皆藤は今年3月に「めざましテレビ アクア」(フジ系)を卒業したあと、地上波露出が激減。すると生放送の報道番組「週刊報道 Biz Street」(BS-TBS)でセクシーアピールを開始した。既報だが、毎回、丈の短いミニスカをはいて登場し、お尻をソファに沈み込ませて座ると、黒パンティをチラ見せ。視聴者は8~9割の確率でパンチラが拝めると話題を呼んでいるのだ。

 とはいえ、噂が広まれば羞恥心を覚えた皆藤自身が自衛手段に出てもおかしくはないのだが、見せるのはもはや“確信犯”だという。

「話題になっていることは皆藤の耳にも入っていますよ。ところが、そうした状況でスタイリストが用意する衣装もスカート丈は膝まであるものが増えたのに、本人から『ミニはやめてくれ』という話が一切出てこないんです。むしろ自分の魅力と思っているかのようで‥‥。おかげさまで、お堅い経済番組にもかかわらず、パンチラ効果か視聴率は好調で、今後はパンチラの頻度を減らし、見えた時の希少価値を出す方針となりそうです」(番組関係者)

 皆藤の確信犯ぶりについては前出・小谷氏もこう付け加える。

「以前出した写真集でも、ほとんどが太腿かお尻のラインを強調するものでした。自分の売りが何かをわかっているのでしょう」

 みずからの武器を最大限に使う「パンチラ誘惑」は継続されそうだ。

 そればかりか、同番組の担当コーナー「Trend Capture」のロケでも色香を放出。5月30日の放送回ではバナナをほおばりながら、

「短くて小っちゃいのかなって思ったら、すごく太さがあるので。うん、満足!」

 などと目を見開き、口元を覆いながらモグモグするという、あらぬ想像をかき立てられてしまう姿を見せてくれた。

 エロス開眼で、皆藤の需要はますます高まるか。

「トークはできないけど、視聴者も魅惑の三角地帯を眺めるだけで喜んでいる。冗談めかして彼女を『置物』と陰で呼ぶ人もいます。視聴率も稼げるので、さながら『幸運の置物』でしょうかね」(TBS関係者)

 お天気お姉さんは、まだまだ“晴れ間”で楽しませてくれそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」