芸能

中森明菜のマネージメントを大手事務所が断った理由とは?

20140819nakamori

 歌手の中森明菜が50歳になった今年、50枚目のシングル「unfixable」を9月30日に発売すると発表した。しかし、その題名の和訳は「再生不能」。これにはいったいどういった意味が込められているのか、ファンの間で物議を呼んだのは記憶に新しいところだ。

 そんな話題冷めやらぬ8月12日、中森が過去にNHKに出演した際の映像を集約した4枚組DVDボックスを同時発売することが発表された。

 その内容は、中森が「レッツゴーヤング」や「ヤングスタジオ101」、「紅白歌合戦」に出演した際の秘蔵映像が収録。なかでも「紅白」の映像は過去に商品化された事例がないだけに、ファンにとっては「お宝映像」となることは間違いない。

 2009年以来、ライブを行っていない中森だが、いまだに根強いファンが多く、再活動を望む声も多い。

「5年もの間、ほとんど活動休止状態の中森ですが、ファンクラブは健在。昨年3月の会報では中森自身が直筆で“復活宣言”メッセージを発表しています。しかも、日本全国の繁華街では、毎夜、中森の映像や曲を店内で流している飲み屋が多数あります。また、ファンがカラオケ店に集まって歌唱する会が開かれているなど、それら歌唱印税だけでも実は相当侮れない収入があるんです」(芸能ジャーナリスト)

 いまだ全く需要の衰えない中森。ファンが待ち望んでいるのは、過去の映像だけでなく、現在の中森の姿なのではないだろうか?

「完全復帰を阻んでいるのは、中森をしっかりとマネージメントできる事務所がないからです。91年に研音を辞めて以来、個人事務所を立ち上げた中森ですが、女優が多く所属する事務所の社長に移籍を依頼したことがある。ですが、マネージメントする自信がないと断られた。つまり、それほど中森をハンドリングするのは難しいということです」(前出・芸能ジャーナリスト)

 中森にいま必要なのは“信頼できる人物”のようだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!