社会

南相馬市長 桜井勝延が「原発事故1年」を全激白(2)市民が残ってるなら我々は絶対移らない

 県からも国からも救いの手はない。桜井市長はこの窮状を世界に発信する。それがユーチューブからのSOSだ。
 あれは3月24日の発信だった。「もっと今の状況を発信しなければ」と思っていた時、市民の1人が来て、「ユーチューブに載っけるから30分ぐらい思う存分しゃべってください」と言うんです。夜9時ぐらいだったかな。こっちもくたくたで眠かったから、撮影している途中で、もういいかげん、このへんで終わろうと思ったら、10分くらいの映像になっていた。
 その後、ニュースで「世界の100人」だって?必死な訴えが届いたって言うけど、早く寝たくて必死だったってだけなんですけどね(苦笑)。市役所の床に毛布巻いてゴロンっていうのが震災以降ずっと続いてたし、少ししかないストーブの周りに職員みんなで丸まっている状態だったから。エアコンは使えなかった。電気がないんじゃなくて放射能が怖いから。外気を入れちゃダメなんです。
 そんな状況下でも、市長が考えるのは市民のことだ。他所への避難が相次ぐ中、避難を選ばなかった、もしくは避難できなかった市民もいる。彼らがいるかぎり、自分たちは残らねばならない。
 原発事故から1週間くらいして、双葉郡が役場ごと移転って話が入ってきた。そりゃ職員だって避難したくてしかたがない。屋内退避区域だから30キロ圏外に移すべきだっていう幹部職員もいた。だけど自分は移さないって決めたんです。この膨大な情報端末とかをどうやって移すんだっていうのもあったけれど、市民がかなり残ってるし、市民全員が避難しないかぎり我々は市民を支えなければならない。市役所は街の求心力なんだよ。でも震災以降、精神的に追い込まれた職員はいっぱいいたよ。
 通常の市民人口が7万人超。一時期、1万人にまで減少したが、現在、約4万3000人にまで戻ってきている。
 南相馬が特別ってわけじゃないんだろうけど、当時は政府からの情報は来なかった。いつも我々よりもマスコミへの情報が早い。警戒区域もそう。緊急時避難準備区域解除の時もそう。ホットスポットの特定避難勧奨地点もそうだし、全部政府から頭越しに報道機関に出ていく。なのに、当事者である我々のところには紙でもメールでも情報は来ないんだな。全て唐突に新聞発表だから。被災して仕事もままならない住民は時間だけはあるからさ、新聞を事細かに読んでいるわけですよ。で、「どうなってんだ!」と問い合わせてく る。でも、我々は答えられないから「そんな情報ありません」と言うしかない。
「新聞に出た情報以外、持っていません」しか言えないって。政府発表の1日前に情報取った記者が「こういう情報がありますが、ひと言─」とか被災地代表みたいにしてコメント取りに来るけど、何も聞いてないのにね。仮の問題に仮のコメントはできない。自分 が発表したら、「市長はこういうふうに言った!」って必ず抗議があるから。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”