芸能

永遠の70年代アイドルに会いたい!「梅田智子(金メダルへのターン!)」トランポリンを使った“飛び魚ターン”撮影

20150924_1001pp

 大阪万博が開催されていた70年7月、水泳をテーマにしたスポ根ドラマが始まった。梅田智子(63)がヒロインを演じた「金メダルへのターン!」(フジテレビ系)である。

「あの当時のプールは本当に水が冷たかったんです。真冬に撮影するとプールに氷が張っていて、そこに入っていくんですよ」

 聞いているだけで身震いしそうだが、いかにも平然とこなしていそうなのが梅田の魅力だった。

 少女マンガ誌に連載されていた物語の実写ドラマ化にあたり、学園モノで頭角を現していた梅田に白羽の矢が立った。当時では珍しい166センチの長身に、小5の時は学内の大会で優勝したという水泳のキャリアは、ヒロインの速水鮎子役にうってつけだった。

「オーディションとも聞かされず、所属していた東宝テレビ部の本社に来るように言われました。私、ふだんはロングヘアですけど、その日はショートのウイッグ(つけ毛)を着けていて、それが原作のイメージにピッタリだったみたいです」

 いざ撮影が始まると、当時の多くのスポ根ドラマがそうであったように、荒唐無稽な設定が続々と登場。

 その代名詞がターンで勢いよく空中にジャンプし、全ての選手を追い越す「飛び魚ターン」だ。宙を舞った瞬間にスローモーションになり、別世界のような映像が展開された。

「トランポリンを使って、別スタジオで撮影したクロマキー合成と組み合わせます。プールでの撮影では、膝の近くまで水中から勢いよく飛び出すシーンを何回も撮りました」

 当初は1クール13回の予定だった。それが20%を超す高視聴率で延長を重ね、65話も続いた。

 ただし、原作の多くは1クールで消化してしまい、オリジナルの荒技が次々と登場する。ジェットスキーのような「ロケットターン」や、隣に渦潮を発生させる「渦巻きターン」などがあった。

「中でも大変だったのが『背面飛び魚ターン』ですね。プールは水深が120センチしかなく、そこで背中からトランポリンを使ってのターンですから、顔や臀部を打つことも多かった。幸い、大きなケガはなかったですけど」

 67年に芸能界入りした梅田は、もともとは歌手志望だった。そのきっかけがわからぬまま、ひとまず女優の門をくぐる。その卓越した演技力は、たちまち梅田に主演級の映画を呼び込み、そして「金メダルへのターン!」につながった。

「演技力うんぬんと言うより、東宝テレビ部に入ったのは15歳でしたから、何も恐れるものがなかっただけですよ」

 結婚したのは79年のこと。最初にオーディションを受けた「でっかい青春」(日本テレビ系)で同期デビューした大谷直が夫である。

「すでに俳優は辞めていて、スペインで新聞記者をやっていたんです。私がスペインへ撮影に行った時に彼のことを思い出して、10年ぶりに再会したのが結婚につながりました」

 現在の夫は海外旅行ガイドの出版などを基幹とした会社を経営。3人の子も同じ会社で働いている。そして梅田は、女優活動を再開させながら、アパート・マンション、レストランの経営にも励んでいる。

 放映開始から45年がたった「金メダルへのターン!」への思いを最後に聞いてみた。

「その年のエランドール新人賞をいただいたんですよ。堺正章さんや森田健作さんなど、すごい方々と並んで受賞できたことがうれしかったですね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃