芸能

存在感ゼロ!バラエティで「無言」の佐野ひなこが唯一イキイキした話とは?

20151027sano

 ドラマ「デスノート」(日本テレビ系)のヒロイン役として出演し、“ブサブサ”という呼び名をつけられ不名誉な形で有名人になった佐野ひなこが、またもやネット上の人気者になっている。

 佐野はトークバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。「東京VSビミョーな田舎者SP」と題された今回の放送に東京都・杉並区出身者として参加したのだが、他の出演者たちがトークで盛り上がる中、佐野の存在感が異様なまでに希薄だったのだ。

 番組序盤、明石家さんまに杉並の有名店について振られるもあまり詳しくなかったのか、期待どおり応じることができなかったことに始まり、共演者の話に相槌を打つので精一杯。自分発信で話したのは、ほんの2回だけ。ツイッターで「あれ、佐野ひなこってしゃべった?」「まったく話せてないな」「何しに出てきたんだ」などと書き込まれたように、お茶の間の印象に残ることはできなかった。

 バラエティ出演が大失敗したかに見えた佐野だが、思わぬところを切り取られ、アンチの餌食になってしまったという。

「ほとんど話さなかったのに、『高校時代にスカウトから1枚名刺をもらうと、スカウトの列が50人くらいできた』という自慢話は意気揚々と披露したんです。この時点でいきなり反感を買ってしまったようですが、東京の出会いスポットが渋谷のハチ公前という話題に向いたとき、突如、目を輝かせました。さらに共演した高嶋政宏が『最近は声をかけられたい女の子が待つようになった。女の子のほうが男を品定めしている』と話すと、元ギャルモデルの鈴木奈々でさえ『えぇ~!』とその現状に驚いていたのに対し、佐野はうんうんと力強く頷いて、あきらかに何か言いたげな表情をしていたんです。以前からネット上で経験人数にまつわる噂が流れている彼女だけに、視聴者の『ここだけやたらイキイキしているように見える』『もっとエグい事情を話してカットされたんじゃないか?』といった憶測を呼んでしまった」(テレビ誌記者)

 当日は丈の短いスカートでひな壇の2段目に座っていた佐野。常に見えるか見えないかのギリギリ状態だったため、単純に艶気担当として呼ばれただけだったのかもしれない。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史