芸能

NHK朝ドラ「あさが来た」ヒロイン・波瑠の”びっくりぽん”な舞台裏「熱愛スキャンダルは今のところなし?」

20151112l3rd

 下積みの中でさまざまな役を演じてきたため、本人も、「役に好き嫌いはないです」とインタビューで答えるほど。当然、艶っぽい役も含まれていて、“お宝映像”と言えるのが13年に公開された映画「みなさん、さようなら」だ。波瑠が演じたのは、濱田岳演じる主人公の初恋の相手だ。

「ベッドの上に並んで座った波瑠は、自分から濱田にキスをすると、濱田が波瑠の胸を激しくもみしだくというシーンがあるんです。服の上からですが、胸の膨らみはかなりのものでしたよ。濱田と波瑠が、お互いに刺激し合うシーンにも体当たりしています。濱田のタッチに感じてしまった波瑠は、快感の声が漏れそうになり必死に自分の手で口を押さえるのですが、その切ない表情が何とも言えず色っぽかった」(芸能評論家・小松立志氏)

 ヌードを披露したことはないが、その“隠れ巨乳”ぶりは、モデル業界では有名なのだという。

「公式プロフィールでは身長164センチ、スリーサイズはB78・W57・H80といういかにもモデルらしいスレンダーな体型です。何度か水着姿になっているのですが、これを見るとバストサイズは数字以上に育っているようで、推定Dカップともっぱらの評判です」(ファッション誌編集者)

 24歳という“お年頃”だけに、プライベートも気になるところ。熱愛が報じられたことはほとんどなく、昨年、ドラマ共演した俳優との熱愛説が流れたものの、具体的な情報はなく噂止まりだった。今年7月に、モデルで俳優の坂口健太郎(23)との初スキャンダルが報じられている。

「坂口はモデル時代からの仲間で友達の一人ということですが、ハードな朝ドラ撮影のスケジュールをこなす波瑠の心の支えになっていることは間違いなさそうです」(女性誌記者)

 撮影開始当初はほとんど大阪に滞在していた波瑠。しかし、余裕が出てきた9月頃からは様子が変わってきたという。NHK関係者がこう明かす。

「NHK大阪での撮影は基本的に月~金で、週末は休みです。金曜日の夕方になるとセットの時計をソワソワと気にしたり、タメ息をついたりしています(笑)。さすがに直接的な言葉にはしませんが、『え、まだ時間かかるの? 早く解放してよ』と言わんばかりで、大急ぎで最終の新幹線に飛び乗っていますよ。東京にいる恋人のもとに早く帰りたいなんて噂されています」

 仕事も“いちずな下半身”も充実の波瑠。11月21日には、主演映画「流れ星が消えないうちに」の公開も予定されている。この原作には濃厚な絡みの描写もあり、ファンが「びっくりぽん!」と驚くような過激な演技も期待できそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
3
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
深田恭子⇒比嘉愛未だけじゃない!「歴史的ピンチヒッター女優」驚愕の顔ぶれ