スポーツ

2015年プロ野球”ワーストナイン”はコイツらだ!「セは阪神・和田監督、パは楽天・大久保監督がワースト監督」

20151112i

 そのオリックスをも下回り、2年連続の最下位に終わった楽天。まともに働いた選手はほぼ皆無で、1人に責任を負わせるのは酷かもしれないが、他チームの選手との比較で、ベテランの後藤光尊(37)を選出した。球団関係者によれば、

「8、9番を打たせておく分には特に問題ない選手なのですが、なぜか5番で起用されることも多かった。出塁率2割6分5厘の打者にクリーンアップを打たせちゃいかんですよ。実は後藤は三木谷浩史オーナーのお気に入りで、起用法に関してもオーナーのプッシュがあったんです」

 最後にワースト監督にも触れておこう。セ・リーグは今季限りで退団した阪神・和田豊監督(53)。他チームのもたつきで何とかCSに滑り込んだが、勝率は4割9分6厘。決して強いと言える戦いぶりではなく、監督の指揮にも各方面から批判が集まった。特に、キャンプ合流に遅れたゴメス(31)や、サイン無視のメッセンジャー(34)に厳しく注意しないなど、外国人選手を野放しにする姿勢に、日本人選手はアキレていたという。阪神担当記者も選手と同様の感想だ。

「前述の上本の打順を含め一貫性のないオーダー変更にも反発が出ていました。優柔不断で、評論家がスポーツ紙でどうコメントしているかばかりを気にかけ、自分の考えではなく評論家の言い分を取り入れていました。もともと和田監督は昨季終了の時点で岡田彰布氏(57)か金本知憲氏(47)=現監督=に交代するはずだった。それがCSで巨人に4連勝して日本シリーズに出たことで続投。その時点で、選手たちのモチベーションは下がっていました」

 パ・リーグは、わずか1年で辞任した楽天・大久保博元監督(48)で異論はないだろう。外国人打者がそろって働かず、7月までに主力野手5人が故障離脱などという同情の余地はあるものの、三木谷オーナーの「天の声」にあらがえなかった責任は大きい。

「三木谷オーナーは試合前にスタメンをメールで送るだけでなく、試合途中に選手交代の指示まで出す現場介入ぶりでした。星野仙一前監督(68)=現副会長=ははねつけていたそうですが、デーブ監督は従っていた。これではコーチ、選手はたまったものじゃありません」(スポーツ紙デスク)

 来季は梨田昌孝新監督(62)の下、巻き返しを図る楽天。はたしてオーナーの呪縛を解くことはできるのか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声