芸能

紅白美女17人の“ピンク合戦”を先取り生中継!「紅組司会・綾瀬はるかのハプニングに期待」

20151217m

「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」──何やら壮大なテーマとともに、今年の出演者が発表された「NHK紅白歌合戦」。外野から「目玉ナシ!」と批判の声を上げるのは、ちょっとお待ちを。紅組の舞台裏では、大みそかに向けて艶やかな「ピンク合戦」がもう始まっていたのです。そのフェロモンむんむんの現場を先走り中継でお届けしましょう。

 11月26日、「NHK紅白歌合戦」の司会者と出場歌手が発表された。全51組中、初出場は10組。今年は「ヒット曲ナシ・目玉ナシ」とささやかれる中、サプライズは32年ぶりに総合司会に起用された黒柳徹子(82)。決まるまでの経緯について、芸能レポーターの石川敏男氏はこう明かす。

「戦後70年、放送90年目に当たる節目ということで、当初は『第34回NHK紅白』で視聴率74%を記録したタモリさん(70)に打診していました。一時は内諾していたのですが、急転して辞退。慌てて同じ『第34回』で紅組司会を務めた黒柳さんに白羽の矢が立ったのです。それでも、足が悪くて長時間立っているのが難しいため、有働由美子アナ(46)と2人態勢になりました」

 白組の司会はジャニーズグループ「V6」の井ノ原快彦(39)。紅組の司会には、来年から3年間にわたり放送されるスペシャルドラマ「精霊の守り人」で主演する綾瀬はるか(30)に決まった。

 出場歌手が発表された会見場には、有働、井ノ原、綾瀬が登場。その本番直前の控え室では、綾瀬がこんな“桃色”な行動を取っていた。目撃したスタッフが証言する。

「打ち合わせで演出家から『初出場、という言葉が言いにくいので気をつけるように』と、アドバイスを受けていました。綾瀬さんが試してみると、『はちゅちちゅじょ~』と、まったくしゃべれなかった」

 打ち合わせ後、綾瀬は椅子に座ったまま一人で練習を開始。それでも思うように言えなかった綾瀬は、急に立ち上がって控え室にある大きな鏡の前に移動したという。前出の番組スタッフが続ける。

「鏡に向かって気持ちを切り替えるように鋭い視線を見せたと思ったら、突然、発声練習を始めたんです。『あ~ん』と口が大きく開いて、奥が丸見え。周りにいた出演者や関係者がビックリしていたのですが、気にする様子はなく、自分の世界に入っていました。『はちゅちちゅじょ~、はつしちゅじょ~』と徐々に言えるようになったのですが、それよりも言葉を発するたびに服の下で胸がぶるぶる揺れて、目が釘づけになっちゃいました」

 2年前に初めて紅組司会を務めた時はハプニング続出だっただけに、NHK関係者も“目が離せない”としてこう話す。

「リハーサルの時に審査結果発表で箱からボールを投げる練習をしたら、大暴投して北島三郎(79)の頭をかすめた。また、本番ではオープニングで『NHKホールが生きているみたい』と謎の発言をしたり、トップバッターの歌手の紹介を忘れてしまった。何が起きるかわからないのでハラハラしています」

 今年は本番でのハプニングも期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!