芸能

プチブーム!松岡修造に続く芸能人「日めくりカレンダー」爆笑格言!

20151224d

 今年の新語・流行語大賞トップ10に選ばれた「まいにち、修造!」。あの熱血テニス男の語録が添えられた日めくりカレンダーだが、個性派タレントが便乗する「二匹目の修造」が意外な人気を呼んでいて‥‥。

 昨年9月に発売され、累計65万部を突破したのが「まいにち、修造!」(PHP研究所)。〈打ち上げてごらん! 心の花火を!〉〈君は本気か! 僕は本気だ!〉など、31の松岡流応援メッセージが書かれているものだ。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が話す。

「この大ヒットを受け、今年3月にはお笑いコンビ『ノンスタイル』の井上裕介(35)が『まいにち、ポジティブ』(ヨシモトブックス)を発売し、意外にも話題を呼びました。その半年後には自虐ネタ芸人のヒロシ(43)が『まいにち、ネガティブ』(自由国民社)を出した。松岡氏と真逆のネガティブ語録が受け、こちらも7万部を突破しているそうです。そして12月、漫画家でタレントの蛭子能収(68)が独特な自然体の31の言葉を添えた『まいにち、蛭子さん』(パルコ出版)を発売。三人三様にクスッと笑えて、癒やしカレンダーという趣が人気の秘密だと思います」

 いずれも「あからさまな」類似タイトルだが、蛭子は発売記念サイン会で「たぶんパクリですね。そうとしか考えられない」と話して笑いを取っている。

 ヒロシのカレンダーをめくると、松岡語録を引用しながらネガティブに反論。

〈「苦しいときほど笑え!」笑えるぐらいなら、とっくに笑っています〉

 その横の解説には、

〈無理なポジティブ・シンキングなんて、そのぶん苦しさが増すだけです。そのときなりに、自然に生きればいいと思っています〉

 ネガティブ教訓は続き、〈久しぶりの友だちからの電話は‥‥疑え!〉〈ピンチはピンチでしかない〉など、実体験に基づき、地味な日常生活のよさを説く。

 一方、68年間の人生を振り返りつつ「生きるのが楽になる」ための31の言葉を披露する蛭子がとりわけ気に入っている「格言」は、

〈空気を読んでそんなにいいことあります?〉

 だという。本人の解説を聞いてみよう。

「よくテレビ番組に出ていても、『空気を読んで』と周りから言われますが、正直に話すことが悪いことかなぁ。みんながみんな、正直に言えればいいと思うんですけどね。人生の中でもそのほうがうまくいったケースが多いと思います。やはり、正直さをバカにしちゃいけないですよ(笑)」

 他におもしろいものとしては、〈自分を低い位置に置いていれば、批判されても怖くないですよ〉。この真意は、自分は誰からも批判されて当然な人間なんだと思えば批判されても傷つかず、人の言葉も「なるほど」と受け止められることだという。プライドが高すぎると苦しいことばかりだと示唆しているのだ。

〈予測してもしょうがないものは予測しなくていいです〉

 この脱力感あふれる言葉も、将来の予測なんて当たる時は当たるし、外れる時は外れる、というクールな思考ゆえ。考えてもどうにもならないことをうじうじ考えるのはよくないのだ。

 異色のスタイルを取っているのは、出川哲朗(50)の「エブリデイ出川語録」(日本テレビサービス)。前出・佐々木氏が苦笑する。

「これは出演番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)とのタイアップ商品というテイで、日めくりブームに乗った、これこそが便乗商品でしょう。番組内の出川イングリッシュの迷言が中心で、リアクション名場面が添えられ、アイドルのダイアリー風のミニ写真集に似ています。ひととおり見ると飽きてしまいそうですね。ただ、4人それぞれに自分を確立しているだけあり、妙に核心を突き、うなずける反面、ツッコミも入れたくなる。どれがいいかなんて考えず、癒やしの日めくりとして見れば、朝から楽しめるのではないでしょうか」

 人生訓の一つに、ぜひ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性