社会

発見!二日酔いの特効薬はあの「ラムネ菓子」だった

20151228saramune

 わかっちゃいるけどやめられない。忘年会、新年会と続く時期、つきものなのが二日酔い。様々な二日酔い対策法があるのだが、知る人ぞ知る簡単、最強の「特効薬」があった。それがなんと、あの懐かしの駄菓子なのだという。

「二日酔いの朝、ラムネ菓子を食べるだけで、あっという間に楽になる。手放せません」

 こう話すのは、保険代理店に勤める小原彰氏だ。ラムネ菓子は現在多くの菓子メーカーが製造販売し、コンビニやスーパーなどでも簡単に手に入るが、成分はブドウ糖、片栗粉、クエン酸というのがほとんど。そしてこのブドウ糖こそが、二日酔いを撃退する正体なのだという。

「アルコールを代謝する際にできるのが、アセトアルデヒド。このアセトアルデヒドの分解には大量のブドウ糖が消費される。ところがブドウ糖が不足してアセトアルデヒドを分解しきれず体内に残ってしまうと、翌日に頭痛や体のだるさや意識がボーっとしてしまう低血糖の状態になる。これが二日酔いです」(江田クリニック・江田正院長)

 このブドウ糖をダイレクトに含んでいるのがラムネ菓子で、食べれば素早い回復が期待できるというわけなのだ。お酒と一緒に食べることでも二日酔い防止にもなるというが、注意点もある。

「ブドウ糖を摂取しすぎると高血糖になるおそれがあります。すると体は血糖値を下げようと働き、膵臓が働きすぎて糖尿病になる可能性があります」(前出・江田院長)

 飲酒中に、そして二日酔いの朝に5~10粒ほど食べるのが適量のようだ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!