芸能

1000人アンケート!“本当にテレビで見たいお笑い芸人”(3)「毒舌ぶりならビートたけし」

20160114i

 5位にはツービートならぬ、ビートたけしが単独ランクイン。

「毒舌ぶりではツービートにかなう者はいない。『笑ってる場合ですよ』の水曜コーナー『全日本勝ち抜きブス合戦』はもはや俺の伝説。全国大会で優勝した日本一のブスが、うれし泣きしている奇妙な姿にたけしも苦笑い。腹がよじれた」(岡山県・鉄鋼業・61歳)

 バカ、じじぃ、カッペ、その毒舌は小気味よかった。

「強烈だったのが『学問のススメ』の最終回。ムッシュかまやつに向かって『ヅラのくせに、コノヤロー』と放言したのは忘れられない。今は封印しているが、あの猛毒があるからこそ、たけしは今でもお笑い界に君臨し続けているのだと思う」(大阪府・とび職・58歳)

 6位は上方の喜劇王・藤山寛美がおいでやす。

「あの絶妙な間は誰にも真似できひん。完成された名人芸ですわ。放蕩三昧のあげくに何億円もの負債を抱え、舞台袖にまで借金取りが取り立てに来てましたわ。新喜劇のような私生活にも芸人魂がありました」(兵庫県・自由業・72歳)

 7位は、てんぷくトリオの三波伸介が満点顔で登場。

「今の笑いは質が落ちたから見たくない。その点、三波伸介はコントをやっても司会になっても、一挙手一投足に、ほっこりする笑いがあった」(岐阜県・精密工業・72歳)

 8位には中高年の星・綾小路きみまろにラブコールが集まった。

「一度でいいから生で見て夫婦で爆笑したい」(福島県・自営業・63歳)

 9位には落語界から林家三平が参戦。

「落語家なのに、アコーディオンの伴奏の漫談調スタイル。『正月に和尚が2人で和尚がツー』とかトボけてた」(徳島県・鉄道・59歳)

 10位は藤田まことが“どんなもんや”とランクイン。

「『てなもんや三度笠』で藤田まことが全国を行脚する股旅姿がイキでした。財津一郎の『ヒッジョーニ、キビシー』もおもろかった」(京都府・小売業・74歳)

 も~1度だけ見させてチョーダイ。

「平成28年になった今でもたけし、さんま、タモリのビッグ3など、昭和に名を上げたベテランがテレビの一線で活躍し続けているのは不思議です。今後、常識をブチ壊すような若手が出てくることを期待したいところですが‥‥」(ライター・山中伊知郎氏)

 昭和の笑いは永遠に不滅だ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場