芸能

平子理沙 吉田栄作と離婚した本当のワケと“次の男”とは?

20160114f

 人気モデルの平子理沙(44)が吉田栄作(47)と離婚したのは昨年の12月21日。独身に戻って年を越した平子だが、さすが美魔女のカリスマと言うべきか。離婚成立前にしっかりと“次の男”をゲットしていた。

 離婚届提出の翌22日、平子は所属事務所を通じてこうコメントした。

「いつからか、すれ違いが多くなり心の距離が開いてしまった」

 その隙間に入り込んだのが俳優の村井克行(46)。すでに「FRIDAY」(1月1日号)が平子と村井の温泉旅行を報じたが、アサヒ芸能離婚直前のトロトロ“禁断愛”現場をキャッチ。11月下旬、恵比寿の高級和食店で2人の姿が目撃されている。

「相手の男性は目がクッキリしたイケメンで、一目で村井さんだとわかりました。テーブル席にはついたてがありましたが、2人がイチャつく様子はまる見えでした」(居合わせた客)

 店内でも平子の存在は異様に際立っていたという。

「平子さんの顔がパンパンにむくんでいたんです。私の知人にも、シワを取るためのボトックス注射にハマっている人がいますが、まさに施術直後といった感じ。分厚い唇が異様にテカっていたのも印象的でした」(前出・居合わせた客)

 気になるのは2歳年上のイケメン俳優とのアツアツぶりだ。

「テーブルの上で手を重ね合わせたりして体を密着させていたかと思えば、平子さんが『ア~ンして』と料理を食べさせることもありました。そのうち、平子さんのほうから顔を近づけて、じっと見つめ合っていました。キスをせがんでいたみたいで、周囲のお客さんも赤面していましたよ」(前出・居合わせた客)

 すでに平子の心は完全に吉田から離れていたようだ。芸能評論家の平田昇二氏が蜜月時代を振り返る。

「97年に結婚した際、すでに吉田の人気は下降線をたどっていて、ハリウッドに活路を見いだすため、早々に渡米してしまった。しかし吉田にベタボレの平子は別居婚を受け入れ、その後もヌード写真集を出すなどして、彼の生活を支え続けたのです」

 そんな平子に不倫疑惑が浮上したのが12年夏。平子の別宅に入り浸る村井の姿が女性誌で報じられた。

「不倫報道のあと、平子は吉田とそろってファッション誌に登場するなどして、夫婦の良好な関係をアピールしていました。吉田が村井との関係を半ば容認していたのも、かつてマスコミから“ヒモ亭主”と揶揄されたように、収入面での負い目があったからでしょう」(前出・平田氏)

 それでも2人は結婚生活を継続させていたが、昨年6月に“事件”が起きる。

「吉田が人気モデルの加賀美セイラ(28)とのデート現場を週刊誌に押さえられた。吉田は潔く浮気を認め、平子も離婚する決意を固めたそうです。というのも、『栄作さんを自由にさせてあげたい』という、亭主思いの平子ならではの気遣いだと言われています」(芸能関係者)

 こうして約18年間の夫婦生活に区切りをつけた平子だが、その仕事ぶりにも変化が見られたという。11月中旬、平子の出演番組の収録に立ち会った業界関係者が明かす。

「テレビ映えを気にする平子さんは照明の角度なども細かく指示してくるので、現場では険悪なムードになることも珍しくありませんでした。しかし、先日の収録ではアレコレ注文をつけることもなく、スタッフたちとにこやかに談笑していましたよ」

 上機嫌の裏には、営業方針の変更があったという。

「デビュー以降、美人顔を売りにしてきた平子ですが、一昨年秋にリリースしたセクシー写真集が2万部超えのヒットとなったことで、ボディに注目を集める戦略に切り替えたようです。結果、昨年夏には世界的な下着メーカーのCMキャラクターに大抜擢。40代とは思えないプロポーションを披露して、女性人気もうなぎ登りです」(前出・業界関係者)

 女が美貌を保つ秘訣は、やはり男の存在にあるのかも‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ