芸能

市川海老蔵、13年ぶりの主演時代劇であの黒歴史が呼び起こされる?

20160110ichikawa-2

 市川海老蔵が13年ぶりに連ドラ主演を果たすことで話題の時代劇「石川五右衛門」(テレビ東京)。放送日程などは未定ながら、すでに京都撮影所で撮影が始まっているという。だが前回の主演作でNHK大河ドラマの「武蔵 MUSASHI」を知るテレビ誌のライターは、今作が黒歴史の再現になるのではと危惧しているのだ。

「2003年放送の『武蔵』は、大河ドラマ史上でも異例なほどにトラブル続きだった作品です。過激な描写で視聴者が離れ、巌流島の決闘以降は無理やりストーリーを伸ばして支離滅裂な展開に。当時話題だった映画『マトリックス』風のシーンを盛り込んだことで荒唐無稽な場面も続出しました」

 ほかにも大物俳優の藤田まことが制作側の対応に憤慨し、これ以降のNHK出演をやめるという一件も。そんな数々のトラブルのせいか、「武蔵」は大河ドラマとしては唯一DVD化されていないのである。よもや13年ぶりの主演作でこういったトラブルが再発するとは考えづらいが、制作陣がこの黒歴史を意識していてもおかしくはない。

 さらに「武蔵」の放送期間中には、ドラマと関係ないところで海老蔵本人にもトラブルが発生していた。テレビ誌のライターが続ける。

「海老蔵の隠し子が発覚し、緊急会見を開いて子供の認知と養育費の支払いを公表したのです。脇役だったら降板させられるレベルの一大スキャンダルでしたね。その一方で、本作での共演をキッカケに米倉涼子との交際を始めたのですから、まあ大したものですよ」

 転んでもただでは起きないとはこのことか。そんな海老蔵も2010年に小林麻央と結婚。二児に恵まれ良きパパの顔を見せているようだが、テレビ誌のライターはこんな不安を見せる。

「今回の『石川五右衛門』では、豊臣秀吉の側室・茶々とのロマンスが見どころの一つ。『武蔵』での米倉に続き、今度は茶々役の女優といい仲になっても不思議はありません。それ以外にも何人もの女優が出演しますし、普段は女優のいない歌舞伎をメインに活動している海老蔵にとって今回の現場は、入れ食い状態かもしれません」

 義賊として名高い石川五右衛門を演じる海老蔵。今回も見事、女心を盗むのだろうか。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之が明かした島田紳助のテレビでは見せなかった“ア然”エピソード
2
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
3
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!