芸能

今のままでは支持できない!SMAP解散後の中居正広に視聴者が「不要」の烙印

20160113nakai

 ベッキー一色だった芸能記事を塗り替える勢いで、SMAP解散報道が波紋を呼んでいる。木村拓哉以外はジャニーズ事務所を退所ということで、キムタク以外はどういう路線へ進むつもりか、メディアやファンを巻き込んで今後も予測が加熱することだろう。

 そんな独立するメンバーのなかで、もっとも進路がわかりやすいとされているのが中居正広ではないか。数多いバラエティでのMCなどでも、まるで吉本芸人のようにボケやツッコミを敢行。今後もこの路線を中心にすることは明々白々だ。

 今となってはその独立への伏線でもあったのが、1月9日放送の「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)への参戦だったことは想像に難くない。中居の参戦が事前に大々的に告知されていたこともあり、番組の平均視聴率は16.6%という及第点以上の数字を叩き出した。成功すれば、独立後はお笑いのフィールドにも積極的に参加していこうという腹づもりだったのかもしれない。ところが、番組ファンからは前途多難との評価が下されている。

「過去にもSMAPの稲垣吾郎らがゲスト出演した回がありましたが、その数字を超えましたね。最近は平均視聴率10~11%台と苦戦していた番組にとっては、中居はV字回復の立役者となったわけですが、上積みされた6%のライトファンはともかく、常に番組を支持していた10%前後のコアな視聴者からは『番組が非常につまらなくなった』との声が大きいようです」

 純粋にお笑いを見たい視聴者には、芸人たちが気を遣う大物アイドルが不要なことは確か。「クスリとも笑えなかった」「これぞ視聴者無視」「誰もつまらないと言えない空気」「仕事でもないのにテレビでまでVIPのつまらないジョークに苦笑いしたくない」など、評価は著しくない。いくら並みのタレント以上にトークを磨いている中居とはいえ、芸人とは明らかに立場の違うネタは別問題というわけだ。

「しかもMVS(Most Valuable すべらない話)を獲得したのも中居ということもあって、完全な接待番組となっていた。お笑いに目の肥えた視聴者が置いてきぼりされた気分に陥るのも無理はないでしょう。まさか、独立後のフジテレビの囲い込み計画ではないでしょうが、今後ジャニーズを離れることでもっと毒舌や下ネタを加速させたり、アイドル経験者ならではのブラックなネタを盛り込めるようになれれば、お笑い番組に出てもファンは自然と認めるようになるのではないでしょうか」(前出・エンタメ誌記者)

 SMAP解散報道のあとにも「えっ、まさか毎回出るようになるの?」「誰もツッコめないなら、そんな人は不要」など、現状では“芸人”としてはいまいち歓迎されている様子はない。

 しかし中居がどの分野に力を入れるにせよ、見ている者に“元SMAP”の肩書きをどれだけ忘れさせてくれるかが独立成功への重要なポイントになるかもしれない。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!