芸能

ベッキーの“逃げ切り”作戦は“テレビには出続けて騒動はダンマリ”?

20160128becky

 1月6日の“質問NG記者会見”以降、「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との禁断愛についてダンマリを決め込むベッキー。その後、川谷の妻の告白や、それでも愛情あふれるLINEを交換していたことなど“ただの友達”では済まされない関係が明るみになるも、新たな発言は一切ない。

「宮根誠司が『早く否定したほうがいい』と言ったように、事実でないなら即座に反論すべきだったんです。反論しなかったということは、事実と認めていると受け取られても仕方がありません。それだけ悪いイメージを持たれても出続けていられるのはテレビ業界が、ベッキーの出演番組のスポンサーが降りたなど直接の被害を受けていない点にあるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 出演CMこそ打ち切りになり億単位の違約金を払うことになると報じられ、所属事務所にとっては大きな痛手だが、テレビ番組のほうは、ともすればそんなベッキー見たさに視聴率が上昇することも。

「ここで活動自粛してしまえば矢口真里の時のように、復帰する際に必ず記者会見を求められます。そうなれば、さすがに“またもや質問NG”では許されないでしょう。テレビには今までどおり出続けて、報道陣が集まる場には一切出ず、騒動についてもこのままダンマリでやり過ごす。そんな作戦なのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 昨年は282本の番組に出演したベッキー。少々の番組を降りたとしても、その安泰ぶりは揺るがない。今後も何ひとつ変わらず、元気な笑顔の“仮面”を視聴者に押し付け続けるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは