芸能

SMAP“解散騒動”の裏事情を一挙公開(1)フジテレビ「SMAP×SMAP」での謝罪会見の後に…

20160204a1st

 1月13日にSMAPの「分裂危機」が浮上すると、メディアは日本の一大事かのように大きく報道し続けた。だが、その水面下では「いい大人が何やってんだか‥‥」とツッコミを入れたくなる失笑裏バトルが繰り広げられていた。ドタバタ内紛の実態を全部書く!

「人間関係という意味では、とっくに“解散状態”。はたから見ても木村拓哉(43)の孤立は明らかで、他のメンバー4人から『アレ』呼ばわりされていました。昨年、番組収録前に、あるメンバーが木村の楽屋入りを指して『アレはまだ?』と言った時は、さすがに驚きました」

 芸能関係者がこう証言するように、SMAPは真っ二つに割れていた。ジャニーズ事務所からの独立を画策したメンバーは、木村を除く中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)。一時は4人の造反組に、厳しい処分が噂されたが、18日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に緊急生出演。木村拓哉とともにメンバー5人がそろって謝罪した。

「今回ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、今僕らはここに立てています」

 カメラの前で、木村への感謝の思いを述べたのは草なぎだった。

「謝罪コメントには台本があったのですが、木村に頭を下げるのは中居の役目でした。しかし中居がこれを拒否し、間に入った草なぎが“代役”を務めたのです。中居はそれでも釈然としない表情で、収録が終わるとすぐにスタジオをあとにしたそうです」(芸能記者)

 瞬間最高視聴率37.2%を記録した「謝罪中継」の3日前、中居が司会を務める「ナカイの窓」(日本テレビ系)の収録が行われた。同番組の関係者が語る。

「スタッフや共演者はあえてアノ話題には触れなかったのですが、そうした微妙な空気を察して、収録前にはみずから分裂騒動をネタにしていました」

 さらに出演者の楽屋には中居から豪華な差し入れが届けられたという。

「4000円はする『叙々苑』の高級焼き肉弁当でした。これも、騒動を起こして気を遣わせていることに対する中居のおわびの気持ちだったのでしょう」(前出・番組関係者)

 そんな“大人の気遣い”ができるリーダーの中居がなぜ独立に動いたのか。

「原因は中居の義侠心にある。育ての親であるチーフマネージャーのIさんが事務所を追われる身となり、中居が『一緒に出ます』と独立を表明したことで、他のメンバーも退社を決断しました。昨年11月頃のことです」(前出・芸能関係者)

 I女史といえば、売れない頃からSMAPを支え、国民的グループに育て上げた功労者と言われる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】