芸能

SMAP“解散騒動”の裏事情を一挙公開(1)フジテレビ「SMAP×SMAP」での謝罪会見の後に…

20160204a1st

 1月13日にSMAPの「分裂危機」が浮上すると、メディアは日本の一大事かのように大きく報道し続けた。だが、その水面下では「いい大人が何やってんだか‥‥」とツッコミを入れたくなる失笑裏バトルが繰り広げられていた。ドタバタ内紛の実態を全部書く!

「人間関係という意味では、とっくに“解散状態”。はたから見ても木村拓哉(43)の孤立は明らかで、他のメンバー4人から『アレ』呼ばわりされていました。昨年、番組収録前に、あるメンバーが木村の楽屋入りを指して『アレはまだ?』と言った時は、さすがに驚きました」

 芸能関係者がこう証言するように、SMAPは真っ二つに割れていた。ジャニーズ事務所からの独立を画策したメンバーは、木村を除く中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)。一時は4人の造反組に、厳しい処分が噂されたが、18日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に緊急生出演。木村拓哉とともにメンバー5人がそろって謝罪した。

「今回ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、今僕らはここに立てています」

 カメラの前で、木村への感謝の思いを述べたのは草なぎだった。

「謝罪コメントには台本があったのですが、木村に頭を下げるのは中居の役目でした。しかし中居がこれを拒否し、間に入った草なぎが“代役”を務めたのです。中居はそれでも釈然としない表情で、収録が終わるとすぐにスタジオをあとにしたそうです」(芸能記者)

 瞬間最高視聴率37.2%を記録した「謝罪中継」の3日前、中居が司会を務める「ナカイの窓」(日本テレビ系)の収録が行われた。同番組の関係者が語る。

「スタッフや共演者はあえてアノ話題には触れなかったのですが、そうした微妙な空気を察して、収録前にはみずから分裂騒動をネタにしていました」

 さらに出演者の楽屋には中居から豪華な差し入れが届けられたという。

「4000円はする『叙々苑』の高級焼き肉弁当でした。これも、騒動を起こして気を遣わせていることに対する中居のおわびの気持ちだったのでしょう」(前出・番組関係者)

 そんな“大人の気遣い”ができるリーダーの中居がなぜ独立に動いたのか。

「原因は中居の義侠心にある。育ての親であるチーフマネージャーのIさんが事務所を追われる身となり、中居が『一緒に出ます』と独立を表明したことで、他のメンバーも退社を決断しました。昨年11月頃のことです」(前出・芸能関係者)

 I女史といえば、売れない頃からSMAPを支え、国民的グループに育て上げた功労者と言われる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント