芸能

広末涼子 ドラマ「ナオミとカナコ」撮影スタッフに見せつけた“変わらない魅力”とは?

20160225k

 主演ドラマの視聴率が、イマイチ伸び悩む広末涼子(35)。それでも撮影現場では美肌と生脚でスタッフをビンビンに元気づけていたッ!

 広末と内田有紀(40)の初共演が実現した冬ドラマは「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)。ベストセラー作家・奥田英朗氏の同名小説が原作で、親友同士の2人が協力しながら、DV夫を殺害して完全犯罪を企てるというもの。

「脚本はおもしろくてしっかりしているし、キャスティングにも自信はあったのですが‥‥」

 と、ドラマ関係者が首をひねるように、初回視聴率は7.9%。それ以降も数字はほぼ横ばいを続けている。ただ、撮影中の雰囲気は明るいようだ。

「内田さんの夫役の佐藤隆太さん(35)は、暴力シーンをあまり演じたことがなく、演出家から『もっと迫力を出さないと、DV夫の怖さが伝わらないぞ』と何度もNGを出しました。悩んでいる姿を見かねて、広末さんと内田さんがそばで『頑張って!』と励ましていたんです。ある意味、うらやましいですよね(笑)」(前出・ドラマ関係者)

 休憩中には、女優たちのこんなガールズトーク現場も見られたという。

「広末さんが内田さんに、『他のドラマでも犯罪者役を演じたから、何でも聞いて』と話していました。また、共演者の吉田羊さん(年齢非公表)と高畑淳子さん(61)はNHK大河『真田丸』でも共演しています。あちらでは高畑さんが義理の母役なので、吉田さんが高畑さんを『母上、母上~』と冗談っぽく呼んでいます」(前出・ドラマ関係者)

 そんな和気藹々(あいあい)とした現場でもやっぱり「主役」は広末。熟した「人妻の武器」を男性出演者やスタッフに見せつけていた。

「薄化粧で、とにかく肌に透明感とハリがあります。ぷるんぷるんのモチ肌は10代でデビューした頃と変わらないんじゃないでしょうか」(ドラマスタッフ)

 広末も親しい関係者にこう話していたようだ。

「30歳を過ぎてから肌がだんだんキレイになってきて、自信があるの」

 昨年7月には、第3子を出産。子育てで規則正しい生活を送っていたら、肌が若さを取り戻したという。

 さらに、スタッフの目を釘づけにしているのは、スラリと伸びたその美脚だった。

「現場に生脚で来る時があるのですが、白くて柔らかそうな太腿に目が誘われちゃいます。ふくらはぎもムダ肉ゼロで、つややか。フェロモン支持率では、『人妻』も加味され、吉田派より広末派が一歩リードしています」(前出・ドラマスタッフ)

 私生活では、「肉食」で知られる広末。2年前には俳優の佐藤健(26)との「岩盤浴不倫」が報じられているだけに、最近も“つまみ食い”してはいないのか。

「報道後はおとなしくしているようです。夫のキャンドル・ジュン(42)と不仲説がたびたび浮上しますが、関係は良好。子供の運動会など、行事には夫婦そろって顔を出しています」(スポーツ紙記者)

 視聴率回復のため、広末がもう一肌脱いでみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!