芸能

番組史上最低!?小林麻耶“涙のしくじり”に「まったく共感できず」の大合唱

20160225kobayashi

 涙を見せるほどの熱血授業を展開するも、あまり視聴者の心には届かなかったようだ。

 女子アナ界きってのブリッコキャラで知られ、一部からは嫌われキャラとしても定着しているフリーアナウンサーの小林麻耶が、2月22日に放送されたバラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演、自身のしくじりエピソードについて語った。

 小林は八方美人が原因で嫌われてしまったことを自身のしくじりとして紹介。最近は八方美人キャラを封印し、ありのままの自分で接するようにしていると打ち明けたわけだが、「どうせ嫌われるならありのままの自分を見せて嫌われたい」という熱い想いも見せ、授業終盤ではその頬に涙も流れていた。

 そんな小林の熱血授業だったが、視聴者の評価を確認してみると、「聞いていても心が微動だすらもしなかった」「学生時代のモテてましたという自慢話がウザかっただけ」「八方美人やめた今もブリッコは変わってませんよね? つまり天性のブリッコだから嫌われてるだけでは?」「ありのままの自分がCDデビューだとしたら痛すぎるにも程がある」と、しくじるのも当然というような辛辣なコメントが多く並んでいる。

「学生時代に6日に1回のペースで男子から告白されていたというモテモテの学生生活を送っていたという小林。これについては、1週間に1人からも告白されないと『何か変だな』という気持ちになったとあっけらかんと説明していましたが、この生粋の庶民ズレした感覚が嫌われる原因でもあります。それにいつ八方美人からありのままの自分に切り替えたかが全くわからない。はたから見たら、昔と何も変わってませんからね(笑)。しくじり先生の中でも最も参考にならなかったゲストではないでしょうか」(女性誌記者)

 彼女が繰り出す話も、何でもかんでも美談に収まるように辻褄を合わせたかのように聞こえたことも、視聴者には違和感があったようだ。いずれにせよ「つまらなかった」という声が多いことには猛省を願いたい。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」