芸能

案の定、視聴率が再下落!有村架純「いつ恋」の“良作ドラマ”ステマに不評の嵐

20160302arimura

 やはり視聴率は1桁に逆戻りだ。2月29日に放送された月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の視聴率が8.9%に下落。前話で10.7%を記録したのは悪天候で在宅率が高かったからという説を証明する形となった。そんな不人気ドラマを巡り、やたらと「良作ドラマ」と持ち上げるステマ記事が横行していると指摘するのはテレビ誌のライターだ。

「同作品の紹介記事はハッキリと二分されます。一つは視聴率という客観的データをもとに不人気ドラマと断じたうえで、その理由を分析するもの。そして、もう一つは『リアリティにあふれる』とか『現代の若者を描きだしている』などと低視聴率をよそにやたらとドラマとしての出来栄えを持ち上げるものです。どんなドラマにもそれなりの見所はあり、それを評価する記事は珍しくありませんが、作品全体を『良質なドラマ』と無批判に賛美する記事にはステマではという疑問を抱かざるを得ませんね」

 そんな「いつ恋」と好対照なのが、前々作の「恋仲」だ。月9ドラマで史上初の視聴率1桁発進となったものの、中盤以降には視聴率を回復。最終的には平均視聴率10.8%と及第点をマークし、生放送も盛り込んだ最終回には世間の注目も集まっていた。その「恋仲」に“良作”という評価は聞こえてこなかったとテレビ誌編集者は指摘する。

「良作とは呼ばれない『恋仲』ですが、同作品の描いた世界観が視聴者に支持されたことは数字が示す事実です。それに対して視聴率とは関係なく良作扱いされる『いつ恋』については、社会派ドラマの雰囲気をまとえば良作になるのかと問いただしたいですね。本当に良質なドラマであれば、描かれている世界観が暗くても視聴率が付いてくることは『家政婦のミタ』や『家なき子』で証明されています」

 第7話では有村架純演じるヒロインが、プロポーズしてくれた上司に対して返事を保留したあげく、別の男を助けるのに手を貸してほしいと虫のいい頼みごとをする始末だ。そんな態度は自分勝手と呼ばれるはずだが、「良作ドラマ派」はそんなヒロインを良しとするのか、見解を披露いただきたいものである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大きさに戸惑う声も!藤田ニコル、「背泳ぎプカプカ」バスト動画が艶すぎるッ
2
高岡早紀、胸縮小疑惑はフェイク?ふっくらバストショットを大胆披露
3
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」
4
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
5
「帰れ!」巨人・原監督が坂本勇人に激怒した“1打席で強制帰宅”の裏