スポーツ

北島康介「29歳の進化」 「急逝ライバルに惨敗」で燃えた天才の意地(3)

ライバルの存在に奮い立った

 10年4月の日本選手権では7歳年下の立石に敗れ、50メートルと100メートルは2位。200メートルは4位という結果だった。だが8月にアメリカのアーバインで開催されたパンパシフィック選手権では、100メートル予選で同年世界ランキング1位になる59秒04を出し、決勝は59秒35で優勝。50メートルこそ5位にとどまったが、200メートルでも世界ランキング1位の2分08秒36で優勝と、衝撃的な国際大会復帰を果たした。
 だが11月のアジア大会は50メートル、100メートルとも4位になり、肩の痛みが出たために200メートルは棄権。翌11年の国際大会選考会では100メートル1位、200メートル2位で世界選手権代表になったが、200メートルのスタート直後に太腿の付け根を肉離れするアクシデントに見舞われた。
 その影響で急仕上げの状態で臨まざるをえなかった7月の世界選手権は、100メートルで急成長したダーレオーエンの前半50メートル27秒20という驚異的な泳ぎにリズムを崩され、1分00秒03の平凡な記録で4位と惨敗した。
 それでも中2日で出場した200メートルは泳ぎを修正し、かつてのような伸びのある泳ぎで150メートルまでを世界記録を上回るペースで通過。最後は大会前の追い込み不足が響いてダニエル・ギュルタ(ハンガリー)に逆転負けしたが、2分08秒63で0秒22差の2位と、底力の確かさを見せつけたのだ。
 だが100メートルの惨敗は、北島にとって大きなショックだった。
「本来持っている力すら出させてくれなかったんだから、それは悔しいよね。技術で負けたとは認めたくないけど、やっぱり彼は力もあるし、北京五輪で2位になった時とは技術面も比べ物にならないくらい上達している。まったく別のところで勝負しているような感じで、たぶん僕すら相手にしていないだろうしね。今は彼の相手は誰もいないと思うし、独壇場じゃないかな」
 あきれ顔でこう話していた北島は、100メートルが終わったあとはホテルへ帰ると自分の部屋でひとり涙を流したという。そして北京まで彼を育ててくれた平井伯昌コーチにも「どうすればいいのかわからない」と弱音を吐くほどだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
2
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
3
縦スジも見えた!?フジ久慈暁子、走り高跳びに挑戦で注目された魅惑のヒップ
4
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
5
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?