政治

自民党公認・今井絵理子の婚約者に今なお付いてまわる“黒い交際”疑惑

20160413imai

 7月の参院選で、自民党公認候補として出馬すると目されるSPEEDの今井絵理子。婚約者である男性が逮捕(後に処分保留で不起訴)されたものの、着々と立候補に向けて歩みを進めている。

 しかし、その婚約者の周りが、今も変わらずキナ臭いという。

「4月11日発売の『週刊ポスト』によると、今井の婚約者である男性が経営していたピンク店の運営に関わっていて、売り上げの一部も受け取っていた人物が逮捕され、その人物が闇組織の一員だったというのです。しかもその人物は逮捕直前、『ポスト』に対して今井の婚約者との間に金銭トラブルがあることを話していた、というのです」(芸能ライター)

 真実のほどは不明だが、今井の婚約者は今なお“黒い交際”を断ち切れていないのではという疑念を抱かれるのは仕方のないところだろう。

「今井にまつわる騒動については、地元沖縄でも話題になっています。警察が全国を挙げて闇組織の壊滅に躍起になっているご時世。過去において婚約者が近い関係にあったというだけでも騒がれるのに、今なおトラブルを抱えているとなると、選挙に影響が出てもおかしくないでしょう」(週刊誌記者)

 乙武洋匡氏の出馬がなくなった今、自民党は是が非でも今井を出馬させ、当選させたいところだが、果たして国民の声は‥‥?

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美