芸能

追っかけ総直撃!選ばれし“永遠のマドンナ”に会いたい!(5)「神保美喜・スター誕生!」

20160505_12r

 70年代のアイドルシーンは「スター誕生!」抜きには語れなかった。中3トリオ、ピンク・レディー、石野真子に岩崎宏美もいたが、15歳にして「美人歌手」と呼ばれた神保美喜(55)も印象深い。

──しっとりと落ち着いた雰囲気は、デビュー当時から不変ですね。逆に言うと、なぜ、フリフリのアイドルを目指したのか不思議な感じがします。

神保 もともとは女優になりたかったんですよ。ただ当時は今と違って、女優へのオーディションが見つからない。それで「スタ誕」に応募して、歌手から女優に進んでいけたらと思ったんです。

──みごと決戦大会で最優秀賞に輝き、76年3月に「はじめてのワルツ」でデビュー。同じサンミュージックの先輩にあやかり、キャッチフレーズは「桜田淳子の妹分」でしたが、まさか中学を卒業する年齢には見えなかった。

神保 デビューが決まって、新聞社さんとか挨拶回りをしますよね。すると、どこに言っても「15歳には見えない」とか「ハタチでしょ?」とか。中には「悪い意味では老けてるね」とも言われましたよ(笑)。

──さてデビュー後、念願かなってか、早い段階から女優へシフト。ドラマの「ふたりでひとり」(77年、TBS系)や、映画は「妖婆」(76年、大映)や「HOUSE」(77年、東宝)と続きます。特に驚きは「妖婆」で、まだデビュー間もない16歳ながら、しっかりヌードも見せつけた。

神保 サンミュージックとしても、新人をそういう映画に出したのは初めてのことでしたね。私は今井正監督から「どうしても」とご指名を受け、しかも、京マチ子さんと共演できる。腰巻き1枚で木に吊るされるシーンも、ためらわずにやれました。

──女優業と並行して、司会者としても活躍。特に「歌のワイド90分!」(82~86年、日本テレビ系)は、徳光和夫との名コンビで。

神保 打ち合わせの時間が長かったですね。徳光さんが「ズームイン!!朝!」が終わり、競艇に行く以外(笑)、ずっと一緒にいたような感じです。

──一部で「不倫関係では?」とも書かれました。

神保 ありましたねえ、単身でマンション住まいの徳光さんを、私が起こしに行っているとか(笑)。スタッフも大笑いしつつも、これを逆手に取って番組宣伝にしようかという人もいましたよ。

──そして衝撃だったのは、93年に出版した「太陽伝説」というヘアヌード写真集。同じ年に離婚も重なり、このことが原因とも言われました。

神保 それはまったくの偶然なんです。出した時には夫も「きれいだよ」と言ってくれましたから。そうそう、最近、姪の男友達が「神保美喜」で検索すると、この時の画像が出てくるんですって。それを言われても私の姪は「そうよ、きれいでしょ?」って。さらに「あなたたち、おっぱい、おっぱいって赤ちゃんみたいよ」って言い負かすんですって。

──さすがは女優のファミリーです(笑)。

神保 今年はデビュー40周年なんですよ。ダメかもと思いながら番号札をつけて「スタ誕」で歌った日が、昨日のことみたいですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
3
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
4
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
5
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!