エンタメ

梶原一騎の「御殿と遺品」危機で長男を独占直撃!(3)女性関係は派手だったが…

20160519a3rd

 仕事の鬼だった梶原氏だが、仕事場から離れると、ストレスを発散するようにクラブやキャバレーを歩き回り、女性関係も派手だった。

「家族でハワイ旅行に出かけたことがありました。子供たちは母と飛行機に乗って現地に行き、父は別の便で訪れました。飲食店で合流したのですが、父の隣には見たことのない女性が‥‥。戸惑いながら御飯を食べていると、私たちに向かって、『もしかしたらお前らの母親になるかもしれない』と平然とした顔で言うのです。母の前でどんな反応をすればいいのか(笑)」

 梶原氏の女性遊びが原因の一つであっても、離婚後に篤子氏が家庭で「父」の存在を“無”にすることはなかったという。家の中には梶原作品があり、読んでいても叱ることはなかった。子供たちには高森の姓を名乗らせ、成人した時に自分たちでどちらかの名字を選択させるつもりだった。

「一緒に暮らしたのは父にとって闘病の期間でしたが、子供たちの前で父が弱音を吐くことは一度もありませんでした。父が亡くなる直前、自宅から病院に行く時に家族全員を集めて、『パパは大丈夫だからな』と言って玄関から出て行きました。私たちを心配させないように、いつものように車で出かけ、目白通りまで出てから、救急車を呼んだそうです。父の死去後、母は『子供たちも父親の必死の状況はわかっていた』と話していましたが、実際は、全然気づいていなかった。いつもの入院だとばかり思っていたので。それが父と最期に交わした言葉だったのです」

 梶原氏の遺品を整理していると、あらためて驚かされることがあったという。

「原稿用紙を見ると、ほとんど消しゴムを使った跡がないんです。一度書き始めたら作業を止めたくないので、鉛筆の芯も通常より細長く削って数本、用意しています。父の遺作となった『男の星座』の原稿を読んでいると、最初の頃は筆圧が強いのですが、体調を崩しだした時に書かれた原稿は、どんどん字が乱れていました。それだけつらい状況だったのでしょう。亡くなる数日前にも、病院のベッドの上で原稿を書いていたそうですが、その原稿が見つかっていないんです。私たちとしては手元に置いておきたいのですが‥‥」

 先頃、出版関係者に尋ねてみたが、やはり見つけられなかったという。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった