芸能

HKT48指原莉乃がホリケンに「ブス」と連呼され号泣、「差別番組」と批判が殺到

20160521sashihara

 5月16日放送のバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)にHKT48・指原莉乃がゲスト出演するも、まさかの大号泣する一幕があった。

 指原が涙を流したのは、番組後半で放送された指原が「ブス」か「ブスじゃない」かを決めるという企画でのこと。番組スタッフが一般人300人を対象にアンケートをとり、世間の声が紹介された。

 指原がブスだと思う派の意見には「一人の時はカワイイが、他のメンバーや芸能人と並ぶとブスになる」「笑うとブス」「目から下がダメ。マスクをすればイイ」など、辛口な意見が並んだ。

 また番組では、しゃべくりメンバーたちが「ブス派」と「ブスじゃない派」にわかれ、ディスカッションするという流れに。しかし指原はアイドルということもあり、出演者たちは皆「ブスじゃない派」を名乗っていたため、適当に「ブス派」「ブスじゃない派」に割り振られて討論がスタートすることに。

 すると、討論開始直後に口を開いた「ブス派」のネプチューン・堀内健が「体が受けつけないんですよね」と発言。さらに、それに反応して堀内のほうを向いた指原に対し、堀内は「こっち向くなブス!」と強烈な一言をお見舞い。しかも、そのやりとりを数回繰り返したのだ。結果、指原は「やだ、もぉ~」と声をあげ、泣き出してしまう展開になり、ディスカッションは「ブス派じゃない派」の援護射撃を待つことなく強制終了。

 これには進行のくりぃむしちゅー・上田晋也も「ヒドすぎるわ! いくら役割とはいえ!」とフォロー。その後、堀内は「指原の雑誌の袋とじは必ず開けるし、色っぽさも最近兼ね備えてきた」と、ブスじゃない派の意見を述べるも結局挽回はできず‥‥。

 当然、この後味が悪い展開に指原ファンが黙っているわけもなく、ネット上では「この企画を考えた番組スタッフは差別主義者」「ブスのくだりは全然笑えなかったし、観ていて不快だった」「もう、しゃべくりに出るべきじゃないな」など、今回の放送に対する不満が爆発した。

「ホリケンも与えられた役割で芸人としての仕事を全うしただけですが、やりづらかったでしょうね。こういった無茶ぶりを意に介しないホリケンも、今回にいたっては『役だから! 役だから!』と、柄にもなく、かなり焦った様子で弁解していたくらいですから、企画に対してファンが気分を害するのも当然です」(アイドル誌ライター)

 完全に不発企画ではあったものの、指原も番組放送直前に「擁護も批判もせずにみてください」とツイートしてフォローしていることもあり、こういった議論になることを覚悟していたのかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?