芸能

「OUR HOUSE」視聴率爆下げ覚悟でシャーロットの出番を増やしたフジのジレンマ

20160531charlotte

 5月29日に放送されたドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)第7話の視聴率が爆下げとなった。前週にはシリーズ最高の6.1%を記録したにもかかわらず、第7話では3割減の4.2%まで下落してしまったのだ。2週続けての上昇が止まった理由をテレビ誌のライターが指摘する。

「せっかく芦田愛菜を軸にしたホームドラマ路線で視聴率を回復してきたのに、第7話では再びシャーロット・ケイト・フォックスの出番が増え、国際結婚というテーマに興味がない視聴者をみすみす手放してしまった形です。日曜夜のドラマなのですから、芦田の愛くるしい笑顔を前面に押し出し続けたほうがよかったのではないでしょうか」

 前週には同級生とデートするシーンなど、芦田の魅力が全開になっていた同ドラマ。だが制作陣にはもっと芦田を目立たせたいのに、シャーロットを使わないわけにはいかないジレンマがあるという。アメリカのエンタメ事情に詳しい女性誌ライターが説明する。

「シャーロットは米国俳優協会に所属しており、もし彼女が『契約に反して出番を減らされた』と同協会に訴え出たら、フジテレビはアメリカがらみの番組制作ができなくなる恐れすらあります。しかも彼女が所属する事務所の社長は、奈良橋陽子さんの娘さん。その奈良橋さんは映画『ラストサムライ』のキャスティングディレクターを務めるなどアメリカのエンタメ事情に精通した方で、人脈も豊富です。そんな奈良橋さんの機嫌を損ねたら、やはりアメリカでの仕事は難しくなるでしょう」

 アメリカの俳優協会は日本では考えられないほど強い影響力をもっているが、そこに所属するシャーロットを起用したのはフジテレビであり、いわば自業自得でもある。制作陣は今ごろ、国際結婚などテーマにしなければよかったと頭を抱えているかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声