芸能

市川紗椰に我慢の限界!大コケ「ユアタイム」に滝川クリステル案が急浮上

20160609l

 視聴率低迷を打破すべく、今年4月から平日は15時間ぶっ通しで生放送番組をオンエアしているフジテレビ。番組の入れ替えだけでは効果がないと見るや、局の内装をドハデにリニューアル。さらに、あの美女アナを新たな「夜の顔」に迎えるという。

 5月初旬にフジの番組収録に参加した若手タレントが語る。

「局に入って驚きましたよ。廊下にド派手な紫の絨毯が敷いてあったんです。楽屋のドアも真っ赤にペイントされていて、とてもテレビ局とは思えません。まるでキャバクラですよ」

 そこはタレントやメイク、衣装担当者といったごく限られた人間しか出入りができないエリア。番組出演者が収録の前後に心身を休める場所だが、

「あんな内装じゃ目がチカチカして落ち着きませんよ。他の局やスタジオでは、まずありえません。ごく普通のタレントクロークに戻してほしいですね」(前出・若手タレント)

 フジの関係者もこう言って首をかしげる。

「年度末などの節目なら理解できなくもないが、大がかりな内装工事が行われたのは4月の入社式が終わってしばらくたった頃。局の人間に聞いても苦笑いするだけで、何も教えてくれません。実は数年前から、番組の制作費がどんどん削られて、現場の人間はヒイヒイ言っています。そんなリフォームに金を遣うなら、もっと番組の予算を増やしてほしいですよ」

 ある局アナが「大改造」の話を聞きつけてタレントフロアをのぞいたところ、

「うわっ、何これ」

 と、そのド派手な内装にドン引きしたという。

 女子アナや現場スタッフからも大不評のリフォーム。迷走の理由を探ると、亀山千広社長(59)の意外な素顔が浮かび上がった。

「以前から風水に傾倒していたそうです。3年前に亀山さんが社長に就任して以降、社屋の外壁をイルミネーションでキラキラ発光するようにしたかと思えば、敷地内にトレビの泉ならぬ“テレビの泉”という噴水が作られました。いずれも、亀山さんのアイデアだそうです」(前出・フジ関係者)

 だが、こうした「局内ドハデ改装」も大した効果は見られず、福山雅治主演の「月9ドラマ」は視聴率1桁台が続く大惨敗。さらに深刻なのが、約15年間続いた人気番組「すぽると!」を打ち切ってスタートさせた深夜のニュース番組「ユアタイム~あなたの時間~」だ。メインキャスターを務める予定だったショーン・マクアードル川上氏が経歴詐称疑惑で降板し、もともとサブMCだったモデルの市川紗椰(29)が孤軍奮闘しているが、

「視聴率は2%台から3%台を推移して、いつ打ち切りになってもおかしくない“危険水域”にあります」(前出・フジ関係者)

 ヤリ玉にあげられているのが、“急増キャスター”の実力不足だ。

「市川さんはしょっちゅう原稿をかむし、難解な時事問題を扱うにはまだまだ勉強が足りない、という声がよく聞かれます。リオ五輪が終わってひと区切りついた9月に降板するのが濃厚ではないでしょうか」(前出・フジ関係者)

 そこで急浮上したのが、滝川クリステル(38)の復帰案だ。

「フジでレギュラー番組を持っているわけではないのに、最近、お台場の社屋で姿を見ます。再登板に向けて、条件面での話し合いが行われているともっぱらの噂です」(前出・フジ関係者)

 滝クリといえば、02年から7年間にわたり深夜の「ニュースJAPAN」のメインMCを務め、その美貌を際立たせる独特のカメラアングルから「斜め45度の女王」と呼ばれた。かつての「夜の顔」の再登板プランに、フジの若手局員は一転、顔をほころばせる。

「テレビではツッケンドンなキャラに見えますが、実際に局内で顔を合わせると、年下のスタッフに対しても『やせたんじゃない、大丈夫?』などと声をかけてくれます。フジ社内ではいまだに彼女の信奉者は多い。間違いなく局内の士気は上がるでしょうね」

 以前と変わらぬ美貌で、深夜の視聴者を“おもてなし”してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト