芸能

武田修宏が「清原の変化は2001年」と証言!やはり薬物は現役時代から!?

20160613takeda

 サッカー元日本代表の武田修宏がテレビで清原和博被告についての記憶を披露し、話題となっている。それは5月31日に放送された「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)でのこと。ゲスト出演した武田がかねてから交流があった清原被告について、「2001年あたりから変わった」と発言。さらに「離れたほうがいいかなと思った」とも証言したのである。

 2001年といえば清原被告が巨人に移籍して5年目、あの野村貴仁氏が巨人に在籍していたラストイヤーであると考えると、武田の発言にも信ぴょう性が出てくる。しかも当時、武田を取材していたサッカーライターがこの話を聞いて思い出したことがあるというのだ。

「2001年、武田はトルシエジャパン入りを目指してパラグアイから東京ヴェルディ1969に復帰しました。ですがシーズン途中で2002年日韓W杯出場はやはり無理そうだということになり、引退後のことを考え始めて芸能界のコネクション作りを始めたんです。もともと顔が広い人でしたが、時間を作っては芸能界の人とご飯を食べに行っていました。『昨日は誰々とあそこでご飯を食べて‥‥』なんて話をよく聞かされたものです。ある日、武田と記者数人で話していると、たまたま清原被告の話題が出ました。そうしたら、いつもは陽気な武田が急に深刻な顔になって『清原さんの話はやめよう』と言い出し、話を打ち切ったんです。理由を聞いても一切答えてくれず、『もうやめようよ』と言うだけでした。当時、清原被告が薬物に手を出しているとは思ってもいなかったため、武田が女性絡みで清原を怒らせてしまったのかなと感じたのを覚えています」

 だが、理由は女性ではなく清原の変貌ぶりにあったようだ。清原被告は裁判でクスリを始めたのは引退後と証言しているが、果たして真実は!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!