スポーツ

阪神・金本監督 低迷するチーム状態…「シロウト首脳陣」に見切りでもう「新任」探し

20160623f

 阪神が早くも来季の「首脳陣探し」を始めている。「超変革」を旗印にした阪神は、金本知憲監督(48)が積極的に若手を起用しているが、目立つのは野手ばかり。チーム低迷につながっているのが、投手陣の「未変革」だった。

 阪神の裏事情に詳しい関係者が言う。

「“能見2世”と言われる岩貞祐太(24)がブレイクしたものの、期待のもう1人の左腕、横山雄哉(22)が故障。代役で使ったルーキーの青柳晃洋(22)も楽天戦でプロ初勝利をつかんだのはいいが、2戦目で馬脚を現した。セットアッパーとして使った石崎剛(25)も楽しみな戦力だったのに、これまた故障した。投手がなぜ育たないのかという議論がチーム内、球団内で起きており、『投手コーチに問題あり』となっている」

 育成の問題だけではない。金本監督は「俺はピッチャーのことはわからんから」と、矢野耀大作戦兼バッテリーコーチ(47)と香田勲男投手コーチ(51)に、継投も含めて投手陣の起用を丸投げしているが、継投ミスで何試合もゲームを落としているのが現状だ。関西マスコミ関係者が嘆く。

「矢野コーチには指導者経験がなく、現役時代は名捕手でしたが、目先だけを見て先を読めない。春先のヤクルト戦で、マテオ(32)の3イニング起用などのムチャをやって失敗しています。香田コーチも一軍のメイン投手コーチは初。結局、阪神は事実上、中継ぎと抑えがいない状態で戦っている。投手部門のコーチとしては2人とも失格ですよ」

 新ストッパーとして獲得したマテオはフォームに致命的な欠陥があるのに、どのコーチも修正ができず、肩を痛めて二軍降格。藤川球児(35)を先発から中継ぎに、さらに中継ぎから抑えに再転向させて新外国人のドリス(28)をセットアッパーに置いているが、藤川の球速は一向に戻らず、綱渡りの投球を続けている。

 こうした状況を改善できるコーチがいないことに金本監督もフロントも危機感を抱き、「来年勝つためには、信頼と実績のある投手コーチを呼ばなければ」と、「シロウト首脳陣」に見切りをつけ、早くも来季を見据えた「新任」探しが始まっているわけである。

 実は昨秋、金本政権が誕生する際、最初に白羽の矢を立てたのが、金本監督も広島時代に一緒にプレーをした大野豊氏(60)だった。14年には秋季キャンプで臨時コーチを務めたが、その指導が好評で、「岩貞ブレイク」の基礎を作ったとも言われる。

「ところが、正式打診を行う前の交渉過程で大野氏から『阪神のような大変な球団は荷が重い』と、断りの連絡があった」(スポーツライター)

 困り果てた金本監督は金村暁(40)、高橋建(47)の両氏に声をかけたが、いずれも指導者経験がなく、メインの投手コーチとしては難があったため、金村コーチはブルペン担当、高橋コーチは二軍に配置となった。

 来季投手コーチの最有力候補は誰なのか。大野氏への再説得案と同時に名前があがっているのが、「優勝請負人」と呼ばれる大物。かつて阪神で投手コーチを務め、日本ハム時代にダルビッシュ有(29)、楽天時代には田中将大(27)を育てた、現ソフトバンクの佐藤義則投手コーチである。前出・阪神関係者が明かす。

「阪神コーチ時代には金本監督は現役選手。関係も悪くなかった。ただ、ソフトバンク入りした経緯に、すんなりと阪神カムバックとはいかない事情がある。佐藤コーチは14年まで楽天で投手コーチを務め、当時、指揮を執っていた楽天・星野仙一球団副会長(69)が体調を崩した期間に代行監督を任せられましたが、星野氏が楽天監督を辞任する際にともに退団。星野氏がソフトバンクの王貞治球団会長(76)に佐藤コーチの再就職を頼み、ソフトバンク入りを果たしました」

 現役時代の金本監督をFAで阪神入りさせたのは、当時監督だった星野氏。ホットラインはある。かつての恩師、そして王氏にどう筋を通すかが「優勝請負人」招聘の鍵となるのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!