エンタメ

ミニリュウの巣がゴミの巣に!本当の「モンスター」はトレーナーだった

20160801pokemonb

 配信開始以来、一躍社会現象となった「ポケモンGO」。交通事故や歩きスマホのほか、さまざまなトラブルを起こしながらも、このムーブメントは一向に衰える兆しを見せない。

 トレーナーの楽しみの1つがレアなキャラを集めること。発見されたスポットに大挙して押し寄せる光景をニュースでご覧になった方も多いだろう。しかし今、そのスポットで大きな問題が発生している。

「ミニリュウというキャラクターがゲットできるポイントである東京都の世田谷公園で、ゴミが無分別に捨てられているというのです」(芸能ライター)

 ミニリュウは、32体集めればさらに強いカイリューに進化させられるため、トレーナー垂涎のキャラなのだという。

 平日の午後、実際に世田谷公園に向かってみた。最寄り駅から多少歩くのだが、地図を見る必要はなかった。トレーナーと思しき方々(見事に全員が歩きスマホ)がみな同じ方向に向かっていたからだ。

 そんな“歩きスマホ特区”な現状を目の当たりにしつつ世田谷公園へ。関東地方の梅雨明けが発表されたこの日。真夏日の日差しよりも熱くゲームに勤しむ人、人、人。絶句。どこまでも続く人の群れに酔い、木陰に身を移すと、そこにはあふれ返ったゴミの山。ビン、缶、ペットボトル、紙、弁当などなど。分別などあったものではない。捨てられなかったら持ち帰るくらいのことができないのだろうか。

 世田谷公園で出会える本当のモンスターは、平気でゴミを捨てていくトレーナーたちだったのだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋