芸能

ほっしゃんが安倍マリオを“鍵付きアカウント”で批判し「腰抜け」と失笑

20160826hossyan

 日本時間8月22日に開催されたリオ五輪の閉会式で、スーパーマリオの主人公・マリオに変身した安倍晋三首相が話題を呼んだ。

 一大イベントでのサプライズ演出ということもあり、イベントの質疑応答でこの演出について報道陣が芸能人に感想を求めることも多かったわけだが、小島よしおは「ビックリしました。すごく大胆な政策ですよね」と称賛の言葉を贈った。

 しかし、安倍内閣を批判する層も存在するように、マツコ・デラックスをはじめ、芸能界にも批判的なコメントをしているタレントもいる。

 お笑い芸人の星田英利(旧芸名、ほっしゃん)もその一人。星田は22日、自身のツイッターで「正義のマリオが土管通ったら悪のワリオになって出てきた!さすが!素晴らしい演出に大喝采!」と、あきらかに反安倍の立場でツイート。

 芸能人が公式のSNSを用いて堂々と首相批判をしているだけに、炎上してもおかしくない内容なのだが、ところが意外にもこのツイートがあまり炎上していないのだ。

「というのも、星田のこのアカウントは鍵アカウント。特定のユーザーしかツイートを閲覧できないようになっているため、荒らしコメントが直接星田のもとに寄せられることはまずありません。実は星田は以前から政治的な書き込みを頻繁にしており、昨年7月にはツイートが引き金で一般ユーザーとのバトルに発展したこともあります。そのバトルがオーバーヒートしすぎて、星田は法的措置を取る準備を進めているといった旨の書き込みもし、さらに炎上してしまった過去があるんです。それに星田も懲りたのか、以来、現在は自分が心を許した人間のみにだけ“つぶやく”ようになったんですね」(エンタメ誌記者)

 こうした理由から、星田のツイートのコメント欄にはバッシングが飛んできてはいないものの、すでにネット上にはこの内容は拡散。「芸人なのに鍵付きとかダサい」「批判されるのが怖いなら書かないほうがいい」「さすが一度干されただけのことはある。腰抜け」など、言われたい放題だ。

 権力批判は誹謗中傷を恐れず堂々とやらなければ、ただの負け犬の遠吠えになることはわかっているとは思うが‥‥。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”