スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ファントムライトの初重賞制覇だ」

20160908zz

 夏競馬の最後を飾る「新潟記念」は、過去5年、1、2番人気で馬券に絡んだ馬がわずか1頭という大荒れ傾向。夏の負けを取り戻すチャンスだ。一方、小倉の「小倉2歳S」は、2連勝中のクインズサリナが人気の中心!

 新潟、小倉のローカル夏の陣は今週で幕。その掉尾を飾るのは新潟記念だ。ハンデ戦であり、よく荒れる重賞で知られる。今回も顔ぶれ多彩で難解な一戦と言っていい。

 過去を振り返ってみよう。馬単導入後のこれまでの14年間、半数の7回が馬単で万馬券になっている(馬連では5回)。00年以降の16年間では1番人気馬はわずか1勝(2着2回)、2番人気馬は2勝(2着1回)。一筋縄で決まらないことがよくわかる。

 年齢的には充実の5歳馬がよく連に絡んでいるが、その前後の4歳、6歳馬も連対を果たしており、7歳馬も4勝(2着2回)と、よく頑張っている。ただし、8歳馬以上は出走頭数も少ないことから、この間1頭も連対しておらず、高齢馬には肩入れすべきではないようだ。

 ハンデはどうだろう。52キロ以下の軽ハンデ馬もよく連対しているが、57キロ以上の斤量を背負う馬もまま勝ち負けしており、実績馬を軽視するのは禁物だ。あとは牝馬の善戦が目立つ。出走頭数は牡馬に比べてグンと少ないのに、よく連対を果たしている。暑さに強いのが理由の一つだろうか。

 以上のポイントを頭に入れて勝ち馬をあぶり出してみよう。といってもクセ者ぞろい。どの馬が勝ち負けしても不思議ではない。

 人気からいけばアルバートドック、ダコール、そしてエキストラエンド、マイネルミラノといったところだろうが、いずれも重いハンデを課せられそうで全幅の信頼を寄せ切れない。

 何とも難解だが、最も狙ってみたいのは、ファントムライトだ。

 前走の函館記念は穴人気になったが、ブービーの15着惨敗。その前の天皇賞・春も14着と凡走しているだけに、評価はかなり落ちているはずだ。が、天皇賞は58キロを背負ってのGI挑戦。ともに初めての経験だっただけに荷が重かった。距離も長かったようだ。

 そして前走は、その盾の疲れから調整がはかどらず、久々の影響もあって重め残りの状態。それに大外枠を引いたことでスムーズな競馬ができなかった。よって、前2走は参考外。あらためて注目すべきなのだ。

 とにかく新潟コース、左回りはスムーズで実績十分。昨年の新潟記念でも3着(13番人気)に頑張っている。その時は3カ月半ぶりの実戦で、前々で決まった緩い流れでの好走。評価していいだろう。

 今回は前走後、放牧でリフレッシュ。立て直して、ここ目標にじっくりと乗り込まれ、調整されてきた。

「前走後すぐ、ここに照準を合わせて仕上げてきた。馬体が締まって前走とは比べ物にならない状態」

 こう言って体調のよさを強調するのは藤原英調教師だ。なるほど、1週前の追い切りはリズミカルで実に軽快だった。ならば巻き返しは十分だ。

 祖母は女傑ダイナカール(オークス)で、近親、一族にはエアグルーヴ(オークス、天皇賞・秋)、ルーラーシップ(香港クイーンエリザベス2世C)、ドゥラメンテ(皐月賞、ダービー)など活躍馬がキラ星のごとくいる良血。初重賞制覇のチャンスと言っていい。

 逆転候補は、ルミナスウォリアー。前走の七夕賞は8着と期待を裏切ったが、休み明けで快勝した前々走の反動があったようだ。落ち着きを欠いていたことを思うと“2走ボケ”だったのだろう。

 しかし、この中間は落ち着き払って好気配。相性のよい新潟だけに、あらためて注目したい。

 小倉2歳Sも混戦模様。人気薄のドゥモワゼルに期待する。前走の函館2歳S(5着)は重め残り。それでも見せ場があったほど。馬体が締まった今回は、未勝利勝ちした時のような、小気味よい瞬発力を見せてくれるはずだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
R-1ぐらんぷりで大惨敗も「あの女芸人」が「ブレイク間近」と囁かれるワケ
4
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上
5
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩