スポーツ

猫ひろしだけじゃなかった!アテネ五輪金メダルの塚原直也がオーストラリア帰化を告白!

20160909tsukahara

 外国に帰化して五輪出場を目指したのは猫ひろしだけではなかった! 9月7日放送の「ナカイの窓 アスリートSP」(日本テレビ系)に出演した男子体操の塚原直也が、現在はオーストラリア人になっていると告白。アテネ五輪で男子体操団体の金メダルに輝いた名選手が明かした意外な事実に、司会の中居正広や共演者も驚きを隠せなかったようだ。

 2008年の北京五輪で日本代表に落選した塚原は、オーストラリアに移住しての現役続行を決断。それを聞いた中居は「猫、塚原ってこと!?」と切り込み、男子マラソンのカンボジア代表として今夏のリオ五輪に出場した猫ひろしになぞらえた。その塚原は2009年からオーストラリア選手権を三連覇していたが、2012年のロンドン五輪では市民権取得が間にあわず、出場断念を余儀なくされたのである。海外事情に詳しいスポーツライターが解説する。

「塚原にとって誤算だったのは、オーストラリアが2012年に移民政策を厳格化したことです。それまでは2年間の現地在住歴が条件だったのに、塚原が市民権を申請している真っ最中に条件が4年間へと変更。この影響をもろに被り、塚原の市民権取得は2013年にズレ込んでしまいました」

 番組中で塚原は、「急にルールが変わって、それで(滞在日数が)足りないって言われて、『えー』って思って」と、当時の悔しさを口にしていた。ちなみにリオ五輪では個人・団体ともにオーストラリア男子は出場権を得られず、塚原の五輪挑戦は夢に終わっている。そんな塚原と猫ひろしは39歳の同い年。リオ五輪に出場した猫がいかに凄いのかが分かるエピソードにもなったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」