芸能

「真田丸」でいよいよ本領発揮、堺雅人には「前のめりで負ける男」が似合う?

20161009sakai

「なぜか“負ける男”(の役)しかオファーが来ない。負けるといっても、一生懸命に自分が信じる道を進むことで、結果的に負けていく人。そういう男の生きざまにシンパシーを感じます」

 現在、NHK大河ドラマ「真田丸」で主役の真田幸村を務める堺雅人は、同じく大河ドラマ「篤姫」(08年)で徳川家定を演じていた頃、04年の「新撰組!」に出演した際の山南敬助役などを振り返り、そのように語っていたという。

「次々に襲い来る苦難を『倍返しだ!』と逆転していったドラマ『半沢直樹』(TBS系・13年)も、視聴率40%超えを記録した最終話では結果的に子会社への出向を言い渡されて出世の道を断たれます。いわば“前向きに突き進んで負けた”というところでしょう。堺さんは、よく“癒し系俳優”と言われますが、厳しい状況だからこそ穏やかさや明るさが際立つ役どころが多いんです。極限の人間性を描いたドラマだと『ジョーカー 許されざる捜査官』(フジテレビ系・10年)、コミカル系なら『リーガル・ハイ』(フジテレビ系・12年、13年)などもあります。三谷幸喜脚本の『真田丸』は、その両方を味わえる作品。これからが“堺・信繁”の本領発揮の見せ場です」(テレビ誌記者)

 父・昌幸が亡くなるシーンが叙情豊かに描かれ、「ナレ死(ナレーションのみで死亡を処理されること)じゃなくてよかった。ありがとう」と感謝の言葉があがるほど盛り上がりを見せている「真田丸」。“昌幸ロス”でポッカリ開いた心の穴を、信繁が“前向き”に埋めてくれるであろう今後の展開に期待だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた
4
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
5
中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!