芸能

証拠写真まで!上田まりえが本番中の「股汗ぐっしょり」を大胆告白

20161024ueda

 4月から「5時に夢中!」(TOKYO MX)のアシスタントを務めている元日テレアナの上田まりえ。地味アナだった上田もようやく番組の色に染まってきた様子。10月20日に更新された上田のブログでは、オンエア中の出来事をつづり、冷え性対策でトレーニングを始めたところ、新陳代謝がアップし、汗をかくようになってきたのはいいが、脇と手のひらのみならず、股からも大量の汗をかくようになってしまったそう。

「わざわざ股汗でぐしょぐしょになった証拠写真まで添付する念の入れようです。上田は『おもらしをしたわけではありません!! 股から汗…そう、股汗』『ここ最近、5時夢のオンエア後、パンツの色が変わっていたんです。しかも、いつもTバックを履いているから、布の面積が小さいこともあって、全体がぐっしょりタラー』と状況を説明。さりげなくTバック愛用者であることを打ち明けるなど、サービス精神もたっぷり。コメンテーターの中瀬ゆかり新潮社出版部部長から、『デカパンを履け!!』とアドバイスされたことをぶっちゃけていました」(芸能ライター)

 前代未聞の股汗告白にネット民もすかさず反応。「健康の証。新陳代謝が良くて良いじゃないですか」という楽観的なものから、「木曜日は、エグイトークが多いからね」と汗以外のものを示唆する意見も。「紙おむつしろ」というまるで色気のないアドバイスもあれば、「糖尿病になりかけなのでは?」と健康を心配する声も少なくなかった。

「とりあえず、ぴったりとしたグレーのパンツは避けることにします」と結んでおり、上田自身はたいして気にしてない様子。以前、NHKの有働由美子アナが「脇汗アナ」として注目されたが、上田も「股汗」でそれを狙っている?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
2
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬