スポーツ

「6200万円脱税告発」で分かった…4億円的中!馬券公務員“バカ儲け予想術”(2)重複しない印を選んで…

20161103a2nd

 実際に前課長が最初に「WIN5」を的中させた12年4月1日のレースを見てみよう。この日は、天皇賞・春の出走権を得るトライアルレースとなる産経大阪杯(GII)、そしてダービー卿CT(GIII)などが行われた。5つのレースの結果、1着馬の人気順はそれぞれ2番、7番、3番、6番、3番だった。

 仮に前課長が全レースで1~7番人気馬を単純に購入した場合、7の5乗で1万6807口、つまり168万700円をつぎ込まなければならないことになる。競馬ライターの若月祐二氏が言う。

「通常、WIN5の場合、1レースで2~4頭ずつ選び、80口から140口程度で購入することが多い。私も予想で的中させた時は140口前後だった。堅そうなレースは1頭だけに抑えたり。ちなみに私はラッキーナンバーなども加味したりと、オカルト的な買い方も時には取り入れますが」

 今年の秋華賞が行われた10月16日のWIN5は1番、1番、1番、1番、3番人気という人気サイドの組み合わせ。それでも約7万円の配当となっている。

 次に、前課長が2度目の大当たりを手にした14年10月12日には、天皇賞・秋の前哨戦である毎日王冠(GII)があった。この日の結果は7番、1番、1番、13番、8番人気の順。京都11R・オパールSで13番人気馬ヘニーハウンドが穴をあけたため、払戻金は過去最高額(当時)となる約2億3200万円。的中はわずか2票のみだった。

「この前課長は競馬新聞で点数を絞っていたということですが、通常は5、6人ほどの予想者が印をつけている。当然、その予想者で重なっていない部分がありますが、そうした穴馬を何点か選んで組み合わせると、それなりの配当が出ると思います。例えば、13番人気のヘニーハウンドにしても、◎や▲を打った予想者がいたとか」(若月氏)

 この予想術について、先の「30億円馬券事件」の主役で、現在はブログ「卍の投資競馬術」を運営する卍氏は、次のように読み解く。

「高配当を2度的中できたことは、相当な幸運だと思います。購入対象馬が1番人気から13番人気までバラけていますが、もし仮に13番人気までの馬を全通り買うと、投資金が3700万円も必要になるので、レースごとに何らかの基準で購入対象馬を選別、点数を絞っていたはずです。ちなみに、この2つのレースで購入された馬は、私が競馬予想で用いている『卍指数』がおおむね低い。大したものです。このことから、過去データをパソコンで分析するような予想方法ではなく、確かに競馬新聞などの情報を参考にする一般的な予想方法だと思いました」

 はたして前課長には、誰もが使う競馬新聞から高額馬券を導き出す天賦の才があったのだろうか。

「購入する馬券はWIN5が基本です。それ以外には複勝や3連単も少し買っていたようです。最初にWIN5を当てた年はポツポツ買っていた程度ですが、2億3000万円を当てた年は毎週日曜日に買っていた。とはいえ、購入に何千万円も使っていたわけではありません。いわば、宝くじを2度当てたような偶然ではないでしょうか」(中村弁護士)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣