芸能

NHK紅白“出場落選女”たちの激烈バトル(3)安室奈美恵は週刊誌の記事が原因で…

20161208d

 リオ五輪テーマ曲を歌っていた安室奈美恵(39)にも一波乱があった。なんと内定直前から一転、出場辞退となったのだ。転機となったのが「週刊新潮」(11月10日号)の記事。安室が紅白出場の条件として「フルコーラス」「事前収録」を要求していると報じられた。

「安室は自身の評判をネットで検索するのを日課とするほど、報道に敏感。今回、週刊誌に書かれてしまったことが相当嫌だったようで、『私の歌はライブに聴きにきてくれるファンにだけ伝えられればいい』と態度が一変し、そのまま流れてしまいました」(NHK局員)

 昨年、ようやく特別枠として4年ぶりに紅白の舞台には戻った小林幸子(62)だが、今年も無念の不選出となった。

「12年に個人事務所社長S氏との解任騒動が世間を騒がせましたが、このS氏が実は現在、福田こうへい(40)のマネージメントをしている。S氏は福田が紅白の内定を得ると『小林だけは出さないでください!』と、紅白のキャスティングにも影響があるという芸能界の大物に要望を出したんです。コミケに出展するなど小林の“若者迎合路線”は、紅白に復帰させるため長年NHKの幹部が主導して進めたことです。昨年が好感触で、今年は完全復帰の最大のチャンスでしたが、S氏の暗躍で白紙となりました。急遽交渉を打ち切られた小林の落ち込みは相当なものです」(スポーツ紙芸能デスク)

 出場が確実視されていた女性3人組メタルバンド・BABYMETALも落選に。今年は世界各国で単独ライブを実施し、全米アルバムチャートでは坂本九以来、53年ぶりのトップ40入りを成し遂げるなど実績は申し分なかったが、立ちふさがったのは芸能界の“鉄の掟”だった。

「彼女たちが所属する事務所に紅白で割り当てられた出場枠は、4つとされています。うち2つは福山雅治(47)、Perfumeの指定席。交渉過程で、残り2枠に昨年出場したSEKAI NO OWARIと星野源(35)を出してきた。NHKがBABYMETALを欲しがっていたのを知って、暗に枠の拡大を狙ったようです。ただ、枠の増減は他の事務所と揉めることが多く、よほどのことがないかぎり変わりません。今回は『年配層への訴求力がまだ足りていない』と理由をつけて、出演を諦めることにしました」(前出・NHK局員)

 今年は昨年より出場歌手が5組少なく、特別枠が増えると見られている。現状、著しく期待値は低いが、予定調和を覆す“救世主”が現れないものだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!