芸能

フジテレビ幹部が新人女子アナに強制した低劣な行為とは?(2)暴君エピソードが尽きない

20161215b2nd

 “被害者”と目される永尾アナは今年4月に入社したばかりの新人アナ。10月からは夕方の「みんなのニュース」でサブキャスターに抜擢された。

「長崎出身で、大学時代にはミスキャンパスに出場する正統派美人ながら日常会話では方言が抜けない純朴さが人気のようで、局内ではコナをかける男性社員があとを絶たない。ある既婚の男性アナからもしつこく食事に誘われ、しかたなくついていったこともあるといいます。これに対し夏野氏は『迫られて困っているのなら、俺に言ってこい』と力を誇示しているそうです」(フジ関係者)

 とまれ、夏野氏も既婚者なだけに「強制ディープキス」は“局内三角不倫”の発露だったのだろうか。

 実は、この夏野氏は、直近でスキャンダルが浮上したばかり。「週刊文春」(12月1日号)が夏野氏の悪質セクハラを報じたのだ。

 記事によれば、今年7月に行われた「FNSうたの夏まつり」の打ち上げの宴席で、同席していたレコード会社の女性社員の胸を触ったうえに、別のレコード会社の女性の陰部もしつこく触ったという。この件に関し、当のレコード会社は2社ともセクハラ行為とフジテレビへ抗議したことを認めている。

 醜聞まみれの夏野氏は、やはり社内で“暴君”エピソードが尽きない。

「夏野氏は実兄が『iモード』を立ち上げた実業家の夏野剛氏で、妻は中谷元前防衛相の妹です。ふだんはおとなしいですが、荒れると手がつけられない。弱い者には強く出るタイプで、優秀な兄へのコンプレックスが強いようです。かつて編成部に所属した時には大物二世社員と暴れん坊対決をし、ついには相手を局外に追い出した際には『毒をもって毒を制した』と言われた武勇伝もあります。昔から制作会社の支払いで六本木の高級クラブに繰り出しては、ホステスを触り放題でしたが、最近は恵比寿の会員制ラウンジで同じことをやっている」(前出・フジ関係者)

 何ともハレンチな行状が次から次へと出てくる中、騒動に関してフジテレビに問い合わせたが、

「ご指摘のような事実は承知しておりません」

 と、知らぬ存ぜぬの回答。合わせて、度重なる問題行為についての処分も聞いたが、

「社内処分の細かい内容につきましてはお答えしかねます」

 と、そっけない返事が返ってきた。

「当の本人は、セクハラ報道に関し、苦り顔となっている。親しい関係者に『陰部には触っていない。こんなことを報じられれば出世が遠のく』と憤っているようです」(前出・フジ関係者)

 最後にレコード会社関係者が声を潜めて語る。

「宣伝媒体となるテレビに比べればレコード会社など吹けば飛ぶような存在だけに、いまだに女性の尻を触っても問題にならないような、あしき慣習が残っている。特にバブル体質が顕著なのがフジで、セクハラが表ざたとなったことで、局から出入り禁止を食らえば死活問題となるのはレコード会社のほうです。だから女性が泣き寝入りするケースが多いのですが、今回、公になったのはフジの弱体化が原因かもしれませんね」

 尻を触ってバブルへGOできるのなら夢のような話だが‥‥。古い体質を守ろうとする幹部の存在が、凋落を抜け出せない原因なのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!