スポーツ

国内GI馬8頭が参戦「香港国際競走」4レースを渾身予想!(1)香港Cは内枠有利枠順は要チェック

20161215j1st-2

 海外馬券発売の第4弾となる「香港国際競走」。12月11日、日本では阪神JFが行われる前後に、香港シャティン競馬場で4つのGI戦が繰り広げられる。昨年は日本馬が2勝の大活躍。今年もGI馬8頭を含む13頭が狙いすましての参戦となるだけに、しっかりとチェックし、ガッポリ儲けたいものだ。

 あの“世界のロードカナロア”が12年、13年と「香港スプリント」を連覇し、日本の競馬ファンにもおなじみの香港国際競走。

 昨年は「香港カップ」で、エイシンヒカリとヌーヴォレコルトがワンツーを決め、「香港マイル」ではモーリスが勝利した。今年も3頭そろって参戦するが、「香港スプリント」には、今年の高松宮記念を制したビッグアーサーやスプリンターズSを制したレッドファルクスが名乗りを上げるなど、国内のGI馬8頭が香港に遠征する。

「海外競馬・勝つためのプレミアム・データ&テクニック」(ガイドワークス)の著者で、競馬ライターの秋山響氏に、まず、シャティン競馬場の特徴を聞いた。

「右回り1周1899メートル、直線は430メートルでほぼ平坦なコースです。芝はドバイのメイダン競馬場と一緒。良馬場であれば、日本馬はあまり適性を気にする必要はないと思います。ただ、実際に歩いた感触は、同じ良馬場で比較すると、散水量が多いためなのか、メイダンのほうが少し重い印象を受けました」

 昨年の「香港カップ」ではエイシンヒカリが2分0秒6のレースレコードをマークしているが、これは香港の馬場が、時計がかかるからというわけではない。

「馬場や芝よりも大きな要因が2つあります。1つはタイムの計測方法が違うという点です。ゲートが開くのと同時に計測する香港(英国や仏、豪なども同じ)は、基本的に助走路を設けているJRAよりも、1秒から1秒5ほどタイムが遅くなります」

 地元勢や外国馬の持ち時計には、十分に気をつけたほうがよさそうだ。

「2つ目ですが、『香港カップ』のコースは、スタートしてすぐにコーナーに入る特殊なレイアウトのため、序盤のペースが上がりにくく、全体のタイムも遅くなるというわけです」

 となると、当然ながら外枠は不利になりがちだ。昨年のエイシンヒカリこそ自慢のスピードで、14頭フルゲートの11番ゲートから逃げ切ったが、2桁枠の勝ち馬は11年ぶりのことで、2着、3着馬は内側の3番、2番ゲートだった。枠順も要チェックだろう。

 今年の「香港カップ」には、昨年の覇者エイシンヒカリのほか、秋の天皇賞馬モーリスや同3着のステファノス、エリザベス女王杯を制したクイーンズリング、GI2勝のラブリーデイの5頭が参戦する。

 スポーツ報知の関東本紙担当で、海外競馬に詳しい牧野博光記者が話す。

「昨年『香港マイル』を制したモーリスですが、今年は芝2000メートルの『香港カップ』に出走します。秋の天皇賞で2000メートルの距離不安を一掃。コンビを組んだムーア騎手は昨年の香港マイルでも勝利に導いているので、今回も自信を持っていました。それでも頭狙ってみたいのはエイシンヒカリですね。1週前の調教の動きがよく、そのキック力は迫力満点でした」

 ただ、気性の勝るタイプだけに、レースの前がポイントになるという。

「昨年の天皇賞・秋は9着に敗れましたが、東京競馬場は地下馬道が長すぎる。6月の英国GIプリンスオブウェールズS(6着)では、女王陛下の前で常歩をさせられて消耗してしまった(笑)。その点、パドックからコースまでが近い香港は問題ない。ここがラストランとなるエイシンヒカリとモーリスのワンツーばかりか、日本馬での上位独占もあると思います」

 クイーンズリングの吉村調教師は「エリザベス女王杯のあともガタッときていない」と意欲的で、坂路での調教を開始。デムーロ騎手の継続騎乗も心強い。

 15年4月のGIクイーンエリザベス2世C(香港2000メートル)で2着だったステファノスは、藤原英調教師が「見た目も反応もよかった。状態はいちばんいい。コースは合うと思うし、あとはいろんな要素がかみ合えば」と話していたという。牧野記者が続ける。

「枠順や展開、当日の天気と馬場などの要素は、どの陣営も気になるところ。ラブリーデイの池江調教師は『この馬にとってのポイントは馬場でしょう。良馬場でやらせたい』と、天気を心配していましたね」

 前出・秋山氏も「モーリスは堅い本命候補」と見ているが、有力馬として地元香港勢からブレイジングスピードの名前をあげる。

「昨年4月のQE2世Cでステファノスを下しています。前走5着に敗れているので、人気を下げるようなら狙い目かと思います」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!