事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.7(4)日本中をテレビに釘付けにした「あさま山荘事件」

2016_60th_u

 翌72年、日本中の耳目を集めたのが「あさま山荘事件」と、その事件を通じて判明した凄惨な「連合赤軍リンチ殺人事件」であった。

 事件の概要を簡単に説明しておこう。

 71年の秋ごろから警視庁による「アパート・ローラー作戦」が展開されたため、連合赤軍のメンバーは都内を追われ、榛名山や妙義山といった関東北部の山岳地帯をアジトとするようになった。そこで武装訓練に励んでいたといわれる。

 そのため、72年2月16日、山梨・埼玉・長野の各県警は大規模な山狩りを行った。すると、不審なライトバンが見つかり……それを機に逮捕されたのが連合赤軍の横浜国大生と慶大生だった。翌日も大規模な捜索は続き、今度は主要メンバーの森恒夫と永田洋子が取り押さえられた。

 そうした動きを察知した他のメンバーは逃走。2月19日から28日にかけてなんと10日間も、長野県軽井沢町にある河合楽器の保養所「あさま山荘」で管理人の妻を人質にとり、武器をもって立て籠もったのだ。やはり連合赤軍の主要メンバー・坂口弘、坂東国男、吉野雅邦ら5人だった。

 この「あさま山荘事件」に関しては、事件後、編集部が極秘に入手した坂口らの供述調書(長野県警作成)から生々しい声が伝わってくる(72年10月26日号)。

〈「あさま山荘」は、斜面を利用した鉄筋3階建ての建物で、玄関は道路に面した3階にあり、そこ以外からは建物に入ることができない。まさに、“天然の要塞”だった。(中略)

 われわれが「あさま山荘」に押し入ったとき、管理人の牟田泰子さん(31)がおり、結果的に人質のようなかたちになったが、泰子さんは一般人で人質にはならないと思っていた。(中略)それだけに、われわれは泰子さんの生命はどんなことをしても5人で守ることを最初に確認したし、途中で逃走しても、銃で殺すようなことをしないつもりでいたほどである。(中略)

 われわれにとって、機動隊は臆病で狡猾で野蛮な敵であるだけに、彼らを見るといっそう闘争心がわき、一部の機動隊員はボケーッとしているので、攻撃して爆弾を投げ込み、混乱にまぎれて、警察の2、3名を捕虜にしてやろうとさえ考えていた。(中略)

 われわれをなやましたのは、水をかけられたことだ。(中略)この放水でマッチがダメになり、まったく火を使えなくなったため、爆弾での攻撃すらできなくなってしまった。(中略)

 われわれは、クレーン車はバリケードの撤去のみと考えていたが、壁を鉄玉でこわしたのには、まったく驚いたし、その破壊力にも驚いた。(中略)第1発の鉄玉が当たったときは、もうだめだと思った。……〉

 かくて10日間の攻防はやっと幕を閉じた。この間、各テレビ局はライブ中継を続けていたので、日本中がオリンピック中継に夢中になるように、ブラウン管に釘付けだった。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合