スポーツ

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(1)身の危険を感じて退任を申し入れ

20170119l1st

 チーム編成では失敗しても、指揮官としての評価は絶対的──。独自の手法が反発を呼び、球団の内紛劇の末に失脚することになった「オレ流GM」の前に、リベンジの道が現れた。中日を戦々恐々とさせる「現場復帰」の全貌を明らかにする。

 年の瀬の中日に激震が走った。昨年12月20日、週刊アサヒ芸能で既報どおり(16年12月15日号)、契約満了による落合博満GM(63)の1月末での退団が発表されたのだ。3年前のGM就任の際に落合氏は、球界人事のほとんどが11月には固まることを見越して、1月末までの任期を要望。しかも途中解任の場合は、年俸の3倍の違約金を払わねばならないという狡猾な契約を結び、簡単にクビを切られないように策を巡らせておいたのだが、功を奏さず事実上の解任となった。

 あらためて説明するまでもないが、落合氏への逆風が吹き始めたのは、昨年8月に谷繁元信前監督(46)と佐伯貴弘前守備コーチ(46)を途中休養させた事件。チームは8カード連続で負け越して最下位に低迷、観客動員が激減していた。

 そんな状況に業を煮やし、事実上の電撃解任を断行したのだが、それを白井文吾オーナー(88)に進言、裏で画策していたのが落合氏だったという事実が発覚すると、GMの責任を問う抗議が球団に殺到。ナゴヤドームでは「落合GMは去れ!」のボードを掲げたファンと球団側が衝突するなど、落合批判はエスカレートしていった。名古屋の球界関係者が嘆息する。

「森繁和監督(62)が代行になっても成績悪化と観客動員低迷を止めることができず、『やっぱり悪いのは監督ではなくGMだ』と、ファンの怒りが爆発した。ついには『殺す』だの『爆破する』だのという物騒な脅迫状やメールが球団や落合氏自身に届く事態に発展していったのです。チームの人事権を一手に掌握する落合氏の最大の理解者だった白井オーナーも、さすがにもうかばいきれなかった」

 その白井オーナーが残したコメントというのが、

「若い谷繁監督にサポート(落合GM)が必要だと思っていたが、批判的な人もいたので長続きはしないだろうと。一生懸命やっても、誰も評価しないんだから。いろいろとトラブったしな」

 だが、退任に至った真相は明らかにはされず、さまざまな情報が飛び交った。中日グループ関係者が明かす。

「メディアは中日新聞本社の逆風に白井オーナーが耐えきれず、との論調で報じましたが、それは間違っている。中日本社には、白井オーナーに逆らえるような勢力や人物は一人もいません。それよりも、落合氏自身が白井オーナーに退任を申し入れたのだ、と。脅迫状が落合氏の東京の自宅や名古屋のマンションに届き、身の危険を感じて名古屋では1人でタクシーに乗れないほどだったらしいんです。さすがの落合氏も精神的にやられて、『もう任期いっぱいで退任させていただきます』となった、との理由が有力視されています」

 かくして落合氏はGM就任3年間で4位、5位、6位の成績しか残せず、チームを去ることになった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!