スポーツ

長嶋茂雄「怪物リハビリ・超過酷トレ」の最新現場!(3)「最終聖火ランナー」の打診

20170302g3rd-2

 これは余談だが、右手が不自由になったことによる「副産物」もあった。

「ミスターは今や、左手で書く文字がえらく達筆になってね。最近、元巨人の河野博文氏(現在は玉ねぎ農家)がミスターに玉ねぎを送った際、お礼のサインが送られてきた。それがまるで、右手で書いたように達筆すぎるものだった。利き腕のごとく、手に力が入っている感じだったと‥‥」(球界関係者)

 こうした超過酷なリハビリ、トレーニングを休まず続ける姿を知る球界関係者たちは「怪物だ」「まるで現役選手のトレーニング」「いったい、何を目指しているのか」と、一様に驚きを口にしている。

 毎年7月、北海道では男子プロゴルフトーナメント「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」が開催される。大会名誉会長を務めるミスターはこの大会で「ゴルフクラブを振りたいね」と意欲を見せているというが、ミスターの目標はここにあるわけではなかった。

 今年1月2日、毎年の恒例行事となっている成田山新勝寺(千葉県成田市)へ初詣に訪れたミスターは、報道陣にこう語っている。

「リオ五輪も終わり、いよいよ東京五輪ですね。昭和39年以来の日本での五輪をすばらしい大会とするために、皆が協力し合って準備を進めてほしいです」

 脳梗塞で倒れた際、アテネ五輪の野球日本代表監督だったミスターは、指揮を執ることがかなわなかった。

「五輪出場できなかったことに、忸怩たる思いがあるんです。故・亜希子夫人が64年の東京五輪でコンパニオンだったこともあり、五輪に対する思い入れは人一倍強い。『五輪は燃えるんだ。興奮するんだ』と公言していますしね」(スポーツ紙デスク)

 だからミスターは「侍ジャパンのユニホームを着たい」と漏らし、

「東京五輪に総監督として出場することを最大の目標、リベンジとしている。ミスターの執念は、その一点に集約されていると言っていい」(前出・球界関係者)

 吉見氏も言う。

「東京五輪の最終聖火ランナーになる、という打診はすでに本人の耳にも届いているようです。でも長嶋さんはもっと先を目指している。侍ジャパンのユニホームでグラウンドに立ちたいという強い気持ちがあるから、365日ほとんど休まずに、あれだけのリハビリを続けているのだと思う」

 2月17日、午前7時30分、記者が自然教育園を訪れると、その10分後にダークグレーのレクサスが到着した。緑のニット帽に黒いジャンパーを着たミスターは、力強い足取りで約20分間、園内を歩く。左手で長い木の枝を持つと時折、立ち止まり、付き添った2人のスタッフと談笑しながら冬木立ちを眺めていた。

 ミスターの執念が結実することを願ってやまない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”