政治

北朝鮮・金ファミリーの最終タブー“7”(3)弾頭に700キロのサリン

20170309l3rd

【6】アメリカと中国の“大国タッグ”で正恩体制崩壊へ

 一方、トランプ政権の発足以来、懸念されていた米中関係が、暗殺事件の“余波”で好転しているという。

「アメリカは、正恩氏のこれ以上の暴走を中国に抑えてもらいたいので、トランプ大統領が就任当初かたくなに認めなかった『一つの中国原則』を堅持することを約束。2月9日に習近平主席との電話会談を実現し、関係強化で合意しました」(辺氏)

 ここで言う「一つの中国」とは「中国と香港、マカオ、台湾は不可分の統一国家である」とする主張で、中国は北朝鮮をソデにしても、アメリカの“お墨付き”が欲しかったようだ。

「中国は2月18日に、北朝鮮からの石炭輸入の全面停止を発表しました。これはアメリカへの返礼と見ていいでしょう」(前出・辺氏)

 中国から北朝鮮への圧力・制裁は今後も続くと見られている。行き着く先は、正恩体制の転覆だ。

「中国の本音は『アメリカが対中外交で譲歩してくれるなら金正恩を見限ってもいい』というもの。北朝鮮という“国の枠組み”が残るなら、北の反乱分子がクーデターや宮廷革命を起こすように中国がしむけていくと考えています」(前出・辺氏)

【7】北の「弾道ミサイル」東京直撃で半径10キロが壊滅

 朝鮮半島の緊張が高まる中、日本も対岸の火事では済まされない。専門誌「軍事研究」編集部によれば、

「北朝鮮は日本のほぼ全域を射程に収める『ノドン』を100発以上保有。自走式発射機は50両あるので、一気に最大で50発のノドンを日本各地に発射できることになります」

 正男氏殺害でVXガスが使用されたが、化学兵器の研究も常に行われている。

「VXやサリンといった神経剤、マスタードガスなどの糜爛(びらん)剤を総計2500~5000トン備蓄し、炭疸菌、天然痘ウイルス、ボツリヌス菌毒素などの生物兵器も多数保有していると考えられています」(前出・「軍事研究」編集部)

 仮に700キロの弾頭にサリンが充填されたノドンが東京駅を直撃した場合、その被害は甚大だ。

「サリンの半量が有効に作用したと仮定しても、半径約10キロがサリンに覆われます。北は足立区、南はレインボーブリッジを越えて臨海トンネル地域、東西では江戸川区から杉並区にかけて致死量の神経ガスがばらまかれ、壊滅状態になるでしょう」(前出・「軍事研究」編集部)

 3月2日から「米韓合同軍事演習」が始まった。緊迫度はさらに高まる。次は“試し撃ち”とは限らない‥‥。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!