スポーツ

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(2)スキャンダルを消したから…

 このぶっちゃけ発言に、会場はざわつく。何しろ、球団から「裏金交渉」を提案されたことを暗にほのめかす内容だったからだ。

「GMに就任してからは、最高標準額の1億円を守ったよ。他の球団のことは知らないよ。でも、オレの実家は煎餅屋、小商人の家庭で育ったから、身の丈に合った予算でチーム編成をしたかった」

 落合氏はさらにこう続けたのだが、中日以外の球団では1億円以上を積むことがあったかのような言いっぷりに、会場は再びざわついたのである。

「オレ流」危険球は監督時代の人事問題へと移行。

「昨季まで一軍作戦兼守備コーチを務めていた辻発彦が西武の監督になったけど、オレは監督就任1年目のキャンプ初日にコーチを集めて、『12球団どこからも声のかかる指導者になってほしい』と言った。ところが、『名古屋だけでメシは食っていけるから、わざわざヨソに世話になる必要はない』と言うヤツがいた。ここでは名前は出しませんが、向上心がないのは指導者としては失格。チームのためにならないので、すぐに辞めてもらいました」

 球団関係者が言う。

「それは球団が用意したOBコーチの鈴木孝政ですよ。最初はヘッド格の投手チーフコーチだったのが、やがて二軍投手コーチに落とされた。で、わずか1年でクビになっています。先発予定投手など、チームの内部情報をマスコミに漏らしたことが逆鱗に触れた、とも言われます。『落合の暴走を止められるのはオレだけ』などと大言壮語したことも原因だとか」

 代わりに参謀として投手コーチから昇格したのが、現在の森繁和監督(62)だった。落合氏の説明によれば、

「評論家をやっている時に根本(陸夫)さんがオレにこう言ったんです。『おいオチ、西武にいた森って知ってるか。お前みたいなヤツが森を使ったらおもしろいチームができるぞ』と。今シーズンは森と辻の日本シリーズ対決をぜひ見たいよね。森はヘタは打ちませんよ」

 谷繁元信前監督(46)の下でもヘッドコーチを務めた森監督について、中日新聞関係者が明かす。

「そもそも谷繁政権下でコーチに就くことには消極的でした。でも落合氏が『お前に悪いようにはしないから』と森監督に頭を下げた。GM時代、落合氏は社会人や大学の試合をたびたび視察しましたが、裏で手はずを整えていたのが森監督でした。監督時代の落合氏に女性スキャンダルが持ち上がり、写真週刊誌が決定的な現場を押さえた時も、森監督が火消しに回っています。だから落合氏は森監督に全幅の信頼を寄せているんですよ」

 ここでいったんトークショーは終了し、プレゼント抽選会が行われる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由