スポーツ

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(2)スキャンダルを消したから…

 このぶっちゃけ発言に、会場はざわつく。何しろ、球団から「裏金交渉」を提案されたことを暗にほのめかす内容だったからだ。

「GMに就任してからは、最高標準額の1億円を守ったよ。他の球団のことは知らないよ。でも、オレの実家は煎餅屋、小商人の家庭で育ったから、身の丈に合った予算でチーム編成をしたかった」

 落合氏はさらにこう続けたのだが、中日以外の球団では1億円以上を積むことがあったかのような言いっぷりに、会場は再びざわついたのである。

「オレ流」危険球は監督時代の人事問題へと移行。

「昨季まで一軍作戦兼守備コーチを務めていた辻発彦が西武の監督になったけど、オレは監督就任1年目のキャンプ初日にコーチを集めて、『12球団どこからも声のかかる指導者になってほしい』と言った。ところが、『名古屋だけでメシは食っていけるから、わざわざヨソに世話になる必要はない』と言うヤツがいた。ここでは名前は出しませんが、向上心がないのは指導者としては失格。チームのためにならないので、すぐに辞めてもらいました」

 球団関係者が言う。

「それは球団が用意したOBコーチの鈴木孝政ですよ。最初はヘッド格の投手チーフコーチだったのが、やがて二軍投手コーチに落とされた。で、わずか1年でクビになっています。先発予定投手など、チームの内部情報をマスコミに漏らしたことが逆鱗に触れた、とも言われます。『落合の暴走を止められるのはオレだけ』などと大言壮語したことも原因だとか」

 代わりに参謀として投手コーチから昇格したのが、現在の森繁和監督(62)だった。落合氏の説明によれば、

「評論家をやっている時に根本(陸夫)さんがオレにこう言ったんです。『おいオチ、西武にいた森って知ってるか。お前みたいなヤツが森を使ったらおもしろいチームができるぞ』と。今シーズンは森と辻の日本シリーズ対決をぜひ見たいよね。森はヘタは打ちませんよ」

 谷繁元信前監督(46)の下でもヘッドコーチを務めた森監督について、中日新聞関係者が明かす。

「そもそも谷繁政権下でコーチに就くことには消極的でした。でも落合氏が『お前に悪いようにはしないから』と森監督に頭を下げた。GM時代、落合氏は社会人や大学の試合をたびたび視察しましたが、裏で手はずを整えていたのが森監督でした。監督時代の落合氏に女性スキャンダルが持ち上がり、写真週刊誌が決定的な現場を押さえた時も、森監督が火消しに回っています。だから落合氏は森監督に全幅の信頼を寄せているんですよ」

 ここでいったんトークショーは終了し、プレゼント抽選会が行われる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?