芸能

「大好きだからそばにいたい」小栗旬の“西島秀俊への愛情”がヤバすぎる!?

 小栗旬が主演する連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジテレビ系)の制作発表会見が4月6日、行われた。

 同作は直木賞作家の金城一紀氏が原案・脚本を手掛けるアクションエンターテインメントで、テレビドラマとは思えない本格的なアクションが売りだ。2年半ぶりの連続主演ドラマとあって、小栗も大ハッスル。アクションシーンのために、1年半前からトレーニングを開始、マンション6階から飛び降りるなど危険なスタントにも挑戦した。

 ドラマの出来にも大満足で、会見では「1話の100倍ぐらい2話は面白い。最終回は1000倍ぐらい面白い」とアピールしまくった。

「小栗の主演作はそのどれもが漫画原作。ドラマでは『名探偵コナン』『獣医ドリトル』『信長協奏曲』、映画では『クローズZERO』『岳-ガク-』『宇宙兄弟』『ルパン三世』などに主演している。それだけに、原作漫画ファンからはどこを切っても金太郎飴の小栗旬と揶揄されており、いまだに代表作と呼べるものがない」(映画記者)

 小栗が大はしゃぎしているのにはワケがある。熱望していた西島との共演が叶い、漫画原作でないドラマで勝負できるからだ。

「小栗は西島にベタ惚れなんです。民放連続ドラマ初共演の本作は、元々同じスタジオで違うドラマを撮影していた際、小栗が本作への共演を前提に『次、アクションやってください』と頼み込んだのがきっかけ。西島が普段から体を鍛えていること、アクションに対して意欲的なため、どんな無茶ぶりにもこたえてくれることから決断した。実際、西島は現場で人一倍練習熱心で、どんな高度な要求も難なくこなしていました。共演後、小栗は『すごくストイックそうに見えてチャーミングでナチュラル』と笑顔を絶やさない西島の紳士ぶりに首ったけ。『大好きだからすごくそばにいたい』『今、秀俊さんと呼んでいるのを、最終的には“秀にぃ”と呼びたい』と臆面もなくラブコールしたほどです」(テレビ誌記者)

 西島からは「弟のように感じている」と言われた小栗だが、ひっきりなしのお誘い電話でウザがられなければいいが‥‥。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!