スポーツ

天才テリー伊藤対談「権藤博」(2)青木選手がムードメーカーの役を!?

テリー 投手コーチの立場から見て、今回の大谷(翔平)離脱はどう思ってらしたんですか?

権藤 痩せ我慢で「いなくとも代わりで何とかするよ」と言ってはいましたけど、そりゃあ不在は痛かったです。ただ、大谷がいても(球数制限で)65球しか投げられないんですよ。だったら、力の差があまりないピッチャーでつないだほうがいいか、というふうに考えを切り替えました。

テリー 大谷が出てたらバッターもやらせましたか?

権藤 ええ、先発の次の日はDH(指名打者)で使ったはずです。

テリー 最後のアメリカ戦、菅野(智之)の先発で結局、負けましたよね。その結果に関しては、どうお考えですか。

権藤 さっき言ったとおり、菅野も「選ばれたからにはミスしちゃいかん」みたいな気負いがあったんですよ。大事に行こうとすると、ピッチャーはだいたいスライダーが増えるんですが、それで真ん中に入った球を打たれましてね。

テリー 確かに、最初はそんな感じでしたね。

権藤 そういう悔しい思いの中で6勝しましたから、「よし、お前、もう一回チャンスが来たぞ」と言ったら、「わかりました!」と力強く答えましたので、小久保(裕紀)監督に「菅野で行きましょうか?」と提案したら「当然だ」と。

テリー リベンジには絶好の相手ですからね。

権藤 2番から8番まで、メジャーの3番バッターですからね。結果は1失点でしたが、エラー絡みで自責点ゼロですから、やっぱり大したものですよ。気合いも入っていましたし、「これぞ菅野!」という内容になったと思いますよ。

テリー あと、僕が気になっていたのは、青木(宣親)を調子が悪くてもスタメンから外されなかったですよね。あれは、どういう判断だったんですか?

権藤 今回、青木の存在は実に大きかったんです。第1戦で、センターに抜けそうな打球をダイビングキャッチして捕ったじゃないですか。で、ベンチに帰ってきた時、みんなでハイタッチしたんですけど、「バチーン!」って僕の手が吹っ飛びそうなぐらいの力が込もっていたんです。それで、みんな「これは頑張らなくては」という気持ちにスイッチが入ったんですね。

テリー 前回はイチローがムードメーカーでしたけど、今回はやっぱりメジャーの青木がその任を?

権藤 ええ。だからあいつが凡打しても、みんな黙っているんですよ。チームのために何とかしようとしている青木の姿が、みんなを発奮させた。だから打つ、打たないは別にして、青木は大事な選手でした。

テリー あと、最初は「第3のキャッチャー」と言われていた小林(誠司)も変わっていきましたね。今回、小林はかなりピッチャーのいいところを引き出していたんじゃないでしょうか?

権藤 それは大いにありますね。

テリー しかもまた、いいところで打ちましたよね。

権藤 えぇ、タイムリーは打つわ、ホームランは打つわ、一躍、時の人になっちゃってね(笑)。

テリー 小久保監督との采配の打ち合わせは、どんな感じだったんですか?

権藤 私はだいたい即決するほうなんですけど、今回は2人で何でも話し合いました。というのも私、今まで弱いチームばっかりにしか呼ばれてないでしょう? 最下位の近鉄、最下位のダイエー、最下位の横浜(笑)。

テリー またまた! 横浜は2回も優勝させているじゃないですか。

権藤 でも、今回はいい選手ばっかり集まっているからね。だから、よけいに悩んだんですよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
2
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
3
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!