芸能

ビートたけしの金言集「“ボクシング愛”が強すぎて本気のパンチ」

「最近はやたらと芸能人にボクシング好きが多いけど、俺が一番詳しいんだから。俺が一番古いんだから」

 昔っからボクシングが大好物な殿が、先日放送された、某ボクシング特番にて最後に漏らした言葉です。

 学生時代の殿が名門「ヨネクラボクシングジム」に通っていた話は、たけし信者の間では有名ですが、殿は本当に「ボクシング愛」が強く、とんでもなく知識量豊富です。そんな殿が、ボクシングについて語りだすと、あまりにもマニアック過ぎて、途中から誰も付いていけず、ただただ、周りはうなずくばかりになることがよくあります。

 先日も、判定が物議を醸した、ミドル級・村田諒太選手の試合をテレビ観戦し、少しばかり興奮した殿は、“かつてオイラが見た疑惑の判定”といった思い出を皮切りに、“オイラが過去に見た最高のボクサーたち”といった話題を展開させると、誰が誰に負け、誰に勝ち、誰と誰が再戦をしたのか、そして晩年、そんなボクサーたちが何をして暮らしていたのか、といったところまで、夢中になって事細かに語っていました。その語りがあまりにも熱を帯びていたため、当初予定していた番組の打ち合わせを15分ずらしたほどです。

 で、ボクシングを観て、体を動かしたくなったのか、その日の殿は、楽屋にておもむろにシャドーボクシングを1分程始めると、お次は何かを確認するかのようにゴルフスイングの素振りを5回。そして、少し休んで衣装に着替え革靴を履くと、今度はタップを踏みだしました。拳闘にレジャースポーツにダンスにと、実に忙しい方です。そんな、いつだって忙しい殿が、ボクシングジムに通っていた事実は先ほど書きましたが、“あ~、本当に熱心にジムに通っていた時期があったんだな”とわかるエピソードを一つ──。

 これは軍団の兄さんから聞いた話ですが、もう大昔、殿がキレる場面があり、“これはやばい”と感じた軍団の兄さんたちが、みなで慌てて殿を止めに入ると、止めに入った軍団に対し、フック、ボディ、アッパーといったコンビネーションを使い、バンバン殴り倒していったそうです。

 その話を、以前、殿の機嫌が良い時にあてると、

「あ~、あの頃が一番パンチが速かったんだよ」

 と、サラリと振り返っていました。そういえば、7年程前の年末、殿と赤坂の夜の街を歩いて移動している時、忘年会シーズンだったため、いつもより明らかに町には人も酔っ払いも多く、〈変なヤツが殿に気づいたらめんどくさいな。何かあったら嫌だな〉と、一抹の不安を覚えていると、そんなわたくしの不安な顔つきをすぐさま察知した殿は、

「お前は後ろだけ気にしといてくれ、前から変なのが来ても、俺は4人までは大丈夫だから」

 と、まるで傭兵部隊出身者のように、実に冷静に危機回避能力を誇示されたのでした。面白くて優しくて腕っぷしも強い。今一度改めて、弟子入りが後を絶たないはずです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
3
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
4
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
5
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性