エンタメ

なんてったって「ママドル」男は知らない最新勢力図!  インタビュー ほしのあき

 テレビをつければ、子持ちの女性タレントたちが頻繁に登場する時代となった。男が知らない間に、同世代のママを味方につけて、少ない枠を争っては、アピール合戦が続いているようだ。もはや、ママドル自体が一大勢力と言える時代なのである。

出産前と変わらない巨乳プロポーションを維持
「 “人妻グラドル”は新たなジャンルでいいかも」

 昨年、12歳年下のJRA騎手、三浦皇成(22)と結婚したほしのあき(35)が、今年の4月に長女を出産。超人気グラドルから母親となった、現在を語り尽くした。

「妊娠がわかってすっごくうれしかった!

 それからは、お酒も一切やめたんです。子供は健康であればどちらでもよかったけど、女の子が生まれて、おそろいの服を着たりいろいろ楽しめるかと思うと、とてもワクワクします」

 出産で夢が広がるばかり。とはいえ、子育てはハプニングの連続である。

「もう(おしっこが)終わったかなと思ってオムツを外したとたん、シャーとされちゃって、慌てて手で押さえたり(笑)。お風呂に入れたらウンチしちゃったりで、もうビックリ!」

 グラビア界を席巻した女王が子育てと格闘しているとは、感慨深いものである。

 ただし、こんな失敗もママ友とランチする時にはいい話題となるようだ。

「最近、芸能界でも出産ラッシュですよね。だから、ママの同級生がたくさんできて楽しいですね。ランチでも子供の話ばかり。予防接種のこととか、悩みも共有できるし、本当にママ友はありがたいです」

 子育てグッズの話でも盛り上がるというが、ほしの自身もメーカーとコラボでいくつか商品を出している。『sa ita』さんと共同でママバッグをプロデュースしたり、ベビー用品専門通販『赤すぐ』さんと、授乳できるパジャマを開発したり、これからもママ向けの“楽でかわいいもの”をどんどん出していきたいと思います」一回り年下のご主人も、仕事を続けることに理解を示してくれているという。

「今、仕事は週に数日ぐらいと、旦那の仕事の邪魔にならない程度でしかやっていません。でも子育てばかりだと、私の息が詰まってしまうから、彼も理解してくれているみたい。育児にも協力的で、帰ってくると真っ先に娘をお風呂に入れてくれます。彼は地方の仕事が多いので、その分、一緒に触れ合いたいんでしょうね。若いからパワーもあるし、面倒もよく見てくれますよ」

 とはいえ妊娠以降はグラビアの仕事は一切やらず、育児雑誌などに仕事をシフトしている印象だ。今後もグラビアに登場しないようであれば、少々寂しい。

「そうですね〜。『人妻グラドル』は新たなジャンルでいいかも。子供と一緒に出たりして(笑)。でも、子供に芸能人とジョッキーは絶対やらせません(笑)。芸能界は楽しい部分もあるけど、大変な部分のほうが私は多かったから‥‥。とにかく、元気で健やかに育ってくれるのが一番ですね」

 人妻という新たな魅力が加わったほしのだが、現在も出産前と変わらぬB88・W56・H86という抜群のプロポーションを維持しているという。

「実は専門のトレーナーさんについてもらって産後のケアを徹底的にしたんです。そこで、『おっぱい体操』を始めました。他にもたるんだ体を引き締めるためにエクササイズをしたり。実は私のこの経験をもとにして、まもなく『ほしのボディ。HYPER!!』(学研)という本を出版するんです。そこで、このおっぱい体操や、元のスタイルに戻すエクササイズ、食事法などを紹介しています」

 グラビア復活の日も意外と近そう!?

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)