スポーツ

巨人新監督「江川vs中畑」大変革バトル(3)何度も名があがった江川氏

 江川氏といえば、大騒動となった入団時の経緯があり、「江川は阪神OBだ」という、“生え抜き規定”に不適格との声も強く、今日まで監督就任は実現しなかった。しかも、解説では鋭い指摘を繰り返してきたが、コーチ経験すらなく、監督としての手腕は未知数である。それでも江川氏は、かねてよりコーチ要請をかたくなに断り、「監督なら」という対応で巨人と対峙したため、よけいに遠回りしてきた。

 一方で、原氏が退任することになった15年、まだシーズン中に〈原監督V逸なら解任も〉という見出しがスポーツ紙に躍った。そして、〈次期候補にはOBの江川卓氏らが挙がるとみられる〉と奇妙な論調が続いたのも事実だ。

「実は、当時、球団から続投要請のなかった原氏をおもんぱかったメディア関係者が、球団を牽制するために動いて実現した記事だったといいます。実際に江川氏にオファーが出されることはありませんでしたが、原氏の胸中では、万一退任する場合にはバトンタッチできる唯一のビッグネームが江川氏だったんです」(スポーツ紙デスク)

 原氏もやみくもに江川氏を推していたわけではない。渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(91)がバックアップしているのも大きかったと言われる。

 11年11月に勃発した、いわゆる「清武の乱」を覚えているだろうか。

「ナベツネ氏が了承したとされる『岡崎ヘッド留任』を覆し、『江川ヘッド就任』をゴリ押ししたのが引き金でした。ただし、その構想は当時の原監督による要請だったことも明らかにされています。今でも原-江川のラインは良好で、「江川監督」が実現すれば、球団とは疎遠になりつつある原氏の協力体制も見込める。何より、ナベツネ氏が折に触れて『江川にやらせてもいいんじゃないか』と口にしてきました。くしくも鹿取GMと江川氏は同期入団であり、風通しのいい環境は出来上がっています」(前出・スポーツ紙デスク)

 いずれにしても、監督就任には本人の意思が肝心だが、江川氏以上に巨人の監督に執念を燃やす人物がいる。中畑清氏(63)だ。

 由伸監督が誕生した15年オフ、実は江川氏へのオファーはなかった一方で、中畑氏は候補者として検討されていたのだという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?