スポーツ

巨人新監督「江川vs中畑」大変革バトル(3)何度も名があがった江川氏

 江川氏といえば、大騒動となった入団時の経緯があり、「江川は阪神OBだ」という、“生え抜き規定”に不適格との声も強く、今日まで監督就任は実現しなかった。しかも、解説では鋭い指摘を繰り返してきたが、コーチ経験すらなく、監督としての手腕は未知数である。それでも江川氏は、かねてよりコーチ要請をかたくなに断り、「監督なら」という対応で巨人と対峙したため、よけいに遠回りしてきた。

 一方で、原氏が退任することになった15年、まだシーズン中に〈原監督V逸なら解任も〉という見出しがスポーツ紙に躍った。そして、〈次期候補にはOBの江川卓氏らが挙がるとみられる〉と奇妙な論調が続いたのも事実だ。

「実は、当時、球団から続投要請のなかった原氏をおもんぱかったメディア関係者が、球団を牽制するために動いて実現した記事だったといいます。実際に江川氏にオファーが出されることはありませんでしたが、原氏の胸中では、万一退任する場合にはバトンタッチできる唯一のビッグネームが江川氏だったんです」(スポーツ紙デスク)

 原氏もやみくもに江川氏を推していたわけではない。渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(91)がバックアップしているのも大きかったと言われる。

 11年11月に勃発した、いわゆる「清武の乱」を覚えているだろうか。

「ナベツネ氏が了承したとされる『岡崎ヘッド留任』を覆し、『江川ヘッド就任』をゴリ押ししたのが引き金でした。ただし、その構想は当時の原監督による要請だったことも明らかにされています。今でも原-江川のラインは良好で、「江川監督」が実現すれば、球団とは疎遠になりつつある原氏の協力体制も見込める。何より、ナベツネ氏が折に触れて『江川にやらせてもいいんじゃないか』と口にしてきました。くしくも鹿取GMと江川氏は同期入団であり、風通しのいい環境は出来上がっています」(前出・スポーツ紙デスク)

 いずれにしても、監督就任には本人の意思が肝心だが、江川氏以上に巨人の監督に執念を燃やす人物がいる。中畑清氏(63)だ。

 由伸監督が誕生した15年オフ、実は江川氏へのオファーはなかった一方で、中畑氏は候補者として検討されていたのだという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?