スポーツ

韓国美女ゴルファーを徹底比較「アン・シネvsキム・ハヌル」(2)アイドル顔負けのスタイルで人気のハヌル

 シネの初見参となったサロンパスカップで優勝を飾った、キム・ハヌル(28)の人気も急上昇中だ。11年、12年と韓国で賞金女王に輝いたハヌルは、今季、日本の国内ツアー3勝で、賞金ランキングのトップを独走中。2位の鈴木愛(22)に3000万円以上の差をつけている。

「国内ツアーの韓流人気を牽引しているのは2年連続賞金女王のイ・ボミ(28)ですが、そのボミが『艶っぽさではハヌル』と白旗を揚げるほど色香がムンムン。韓国では“スマイルクイーン”と呼ばれ、キャッチコピーは『美しさにもほどがある』ですからね。プロ入り時に父親から『トレードマークを持て』と言われ、ミニスカを愛用し続けています。身長170センチと長身で脚が長く、K-POPアイドル顔負けのスレンダー美人です」(スポーツ紙デスク)

 当然のごとく、おじ様ギャラリーの視線は脚線美に熱く注がれる。

「ハヌルは14年の来日時に比べてスタンスの幅が狭くなったものの、あの真っ白い内モモにはゾクッとさせられますよ。彼女は股関節がすごく柔軟なため、腰を上手にビュッと回転させて、ミニスカの裾がずり上がるんですよ。しかも、左膝上の筋肉がグッと盛り上がるほど粘るので、中から日焼けしていない内モモが現れる。これからの時期はより白さが際立ち、いいものを見せてもらった気分になります(笑)」(スポーツ紙カメラマン)

 シネの胸元、ハヌルの内モモ、どちらもグリーン周りで見られるが、プロのカメラマンはファンにこうアドバイスを送る。

「2人ともカップからボールを取り出す時こそが狙い目です。シネの場合はバーディーを決めたあとのホールの移動間に、カメラに向かって手を振ります。その際、カメラの横をキープしていれば胸の揺れを楽しめるだけでなく、ウインクしてもらえることもある」

 今週のアース・モンダミンカップは、中継局のテレビ朝日以外の民放各局からの取材申請が引きも切らない。LPGA関係者が話す。

「会場が都内から近いこともあり、テレビ局クルーが大挙してコース入りし、再び“シネ狂騒曲”となりそうで心配です(苦笑)。すでにファンがツーショットを撮ってもらえるチャリティー・フォトは、これまで先着順で権利をもらえたのが、あまりに早い時間帯から並びすぎることが予想され、抽選に変更が決まったほど」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」